3月8日、千葉の犬多頭。 3月5日、那須の野犬捕獲器作りへ。

 8日は千葉県市原市にて、犬多頭現場の一斉手術でした。
例によって、当日の様子は中谷さんのブログにてどうぞ~

 「みなしご庵へようこそ」

 ところ変わって那須町某所、野犬のTNR依頼があり、捕獲器の設置に行ってきました。

行政が散々捕獲器を仕掛けても入らなかったという♀犬。
今までに2度、出産を確認したそうですが、その子たちはどこへ行ってしまったことやら。。。
とにかく、放置したら不幸の連鎖にしかなりません。

 スタッフのむらさんと、その甥っ子くんとで現地へ。

170305j (2)
 センターが、何とかの一つ覚えのように使っている鉄鉄、檻檻した捕獲器では、
入らない子は永久に入りません。そんな時の「西那須野いぬねこ里親会式ほかくき」!
170305j (6)
 何度かアップしている捕獲器ですが、一度に2頭保護できたこともあるスグレモノです。
踏み板式で、扉はギロチン方式です。
 ホムセンで材料を仕入れて、現地で加工、組み立てます。
自然素材で、なるべく大きく作ることで犬の警戒心を弱めてやります。
弱点は、踏み板部分以外はただの地面、「土」なので、うまく作らないと掘られて
逃げられます(;´д`)。壁に空気孔を・・・なんてドリルで小さい穴を開けておいたら
そこから噛みこじ開けられて逃げられていたこともありました。
 そして見事捕獲できた場合にも、最後に最大の試練が。
捕獲できたら扉を用心深く開けながら、フェンス網か何かを盾にして潜り込んで犬を押し込んで
その場で鎮静剤を打って、大人しくなったところで引きずり出すという荒業が待っています。
でも、それしかないので。

この捕獲器にも入ってくれない子は、かなり捕獲が厳しくなります。

 目的のワンコ
170305j (4)
 作業中、遠巻きに色々な角度から偵察に来てました。
現地の餌やりさんには、数メートルまでは近づくそうです。
170305j (1)
 かなり警戒心丸出し(;^ω^)
現在、捕獲器の扉を付けずに、捕獲器近くに唐揚げやウインナーやらを置いて
徐々に誘導してもらっています。今晩から、いよいよ扉をつけて捕獲に挑戦予定。

 こちらは自作の猫捕獲器
170304j.jpg
 この犬現場の依頼者さん、同じ現場の近くの猫たちは長らくTNRを頑張ってこられ、
残すところ、あと数匹という状況です。手作りの捕獲器で見事に捕獲されています。
ネットに作り方とか、出てるそうですね、でもやはり猫の捕獲器に関しては市販品に分があるかな。
2千円くらいかけて、こんなに苦労して作るなら、6千円で超イイ捕獲器が買えます(;^ω^)
そちらをお勧めします。またはうちから貸し出します。初めて保護に挑戦したいという方は
まずご相談ください。

 12日はみなしご栃木拠点での一斉手術で執刀です。というわけで、里親会の方には
代表とみたは居りませんのでご了承ください。相談等は千代田ほか、スタッフまでお気軽に。

 またまたシェルターのフードストックが危うくなってきてしまいました。

 現在、特に不足しているものは、犬シニア用ドライ(ピュリナワン7歳、11歳など)と、
犬用ウェット(デビフ等)です。
 その次に猫用ドライ(ピュリナワン成猫など)となっています。
猫ウェットはもうしばらく分ストックがあります。
すみませんが、ご協力いただける方、よろしくお願い致します。

2月26日の里親会 2月のTNR報告

 2月26日の里親会は、た~くさんのお客さんにお越しいただきましたが、
久~しぶりに正式なトライアル決定は一匹も無い一日となりました(;^ω^)
まあ、こんな日もありますな。

 新しいポスターができました
IMG_1694s.jpg
 以前とほとんど変わらないんですが、被災犬猫のレスキューはほぼ終結しましたので、
被災犬猫の項目はTNRに変更になりました。まあ、元々TNRは1番大きなテーマですからね。
IMG_1692s.jpg
IMG_1696s.jpg
 というわけで、次回、3月5日の里親会もよろしくお願いします!!

 ちなみに、次々回12日の里親会は一斉手術のため、代表とみたはお休みです。
里親会は通常通り開催しますので皆様お越し下さいませ。


 2月の手術室
170301 (4)
 今まで手術記録はまともに付けていなくて、初めて記録してみました。
「数じゃない」、と、カッコつけたいところですが、数が全てです。
どれだけ多くの子達の不妊手術をしてあげられたかが、殺処分数や不幸な最期を迎える
子達の数に直結します。2月は11日の一斉手術を除いて42匹でした。
手術もお届けも無い日が4日もありました。
もったいない。
 ホントは、さらに早朝の出勤前にも捕獲や手術ができれば、夜ももっとできれば、
さらに年間300くらいは不幸な命を減らせるはず。
シェルター運営に時間が掛かり過ぎている、うちの弱点です。

 妊娠猫が多くなってきました
170226t (1)
 続けざまに妊娠猫ということも珍しくありません。
170226t (2)
 上の写真の子達から摘出した妊娠子宮です。妊娠3週間ほどでしょうか。
黒い子の子宮が左(3匹)、小さい子の子宮が右(4匹)です。
小さい子の方が明らかに高齢でした。
年齢や、体の大きさに、妊娠時期や胎児数は比例しません。
小さい体で高齢でも、こうやってたくさんの子を身を削って抱えてしまうのです。
この子宮では、胎児の部分で直径3cmほど。このくらいなら3cm弱の切開で絞り出して
あげることができます、母猫の負担軽減が全てです。妊娠していなければ1.5cmの切開で
十分です。一日も早く避妊をしてあげてくださいと、何度も言う理由です。

 別の子達、♀、♂
170223t.jpg

 痩せている子には術後に補液を
170301 (1)

長毛の子が野良で生きていくのは過酷です
170301 (2)
 この子は幸い、毛絡みや種の巻き込みはありませんでした。
ただ、絡んだ毛がごっそり抜けて皮膚がむき出しになった部分はいくつも。
170301 (3)
 そしてシラミの大量寄生。
当会では、全匹ブロードライン投与なので、一度は全て落ちるはずです。
が、効果が切れたあとは、また寄生されてしまうのです。
長毛、中毛は元々日本にはいないはずです。
こんな野良猫がいるのは人間のせいに他なりません。

 猫白血病の再検査
DSC_0002 (1)felv
 保護っ子の中に、白血病キャリアの子がたくさんいますが、
今回、インターフェロン15回投与が終わってしばらく経った子達の再検査5匹分。
陰転していたのは、さっちゃんのみ。白血病が陰転するかどうかは母子感染かどうかと
感染時期によりますが、そんなのさっぱり分からない保護っ子たち、大体、陰転率は
20~30%に留まっています。
 この可能性に1匹当たりウン万円のコストをかけて、15回も接種に来させて、
結局陰転率は低い・・・こりゃ、普通の病院さんはやりたがらないわけです。
それでもうちはやりますが。

発情してる子ばかりになってます

 長らく予定びっしりの状態が続いていました。手術、お届け、手術、一斉手術・・・
今日から予定は無くなりましたが、フリー(捕獲でき次第手術)が毎日のように
入ることでしょう。さあ皆さん、捕獲頑張って!!
 
170207.jpg
 発情子宮です。
今年は4ヶ月齡以上の子猫の発情が揃って早い気がしています。
歯の生え変わり前後の子達が、手術する子する子、皆発情が始まってしまっています。
何度も何度も書きますが、とにかくTNRしかないのです。
殺処分、寒さに震え野垂れ死んでいく子・・・あなたの身近な○○ちゃんは確かに大切で
可愛いんでしょうが、世の中には、桁違いに不幸な子達が溢れかえっていることに
気づいてあげてください。いつでもTNRその他、ご相談ください。

 ご支援お願い
DSC_0004ks.jpg
 カンセキが10倍ポイントだって言うから、取り急ぎ買い占めてきた(;^ω^)
シェルターブログの方でもお知らせしましたが、
現在、特に不足しているのが犬ドライ(成犬用、老犬用)、犬ウェット(デビフ)です。
猫ドライも心もとなくなってきました、猫ウェット、結構あると思ってましたが日々使う量が
ハンパなく(チャオで30缶以上/日)みるみるストックが減少している状況です。
今後共、よろしくお願い致します。

 猫砂、ありがとうございました!!
DSC_0007rk.jpg
 おからの猫砂グリーン、おかげさまで60袋ほどストックができました。
しばらく大丈夫そうです、ありがとうございました(人´∀`)!!
ここは、猫砂と、猫キャリーと、犬用敷物と、ヤギの野菜ストック倉庫。

 11日のみなしご拠点での一斉手術、犬猫合わせて27匹手術できました。
最近、中谷さんのブログでは30匹程度の一斉はルーティーンすぎて記事にも
ならない(笑)「明日の一斉、とみたくん来ます」それだけ(笑)
というわけで、ご報告までヽ(*´∀`)ノ

 西那須野いぬねこ里親会手術室は、今年も年間700匹くらいになる
ペースです。やはり年間1000匹目指したいですが、そう簡単に捕獲器に
入ってくれる子達ばかりじゃないよね(;^ω^)
とにかく、そんなこんなで頑張っております。

シエルターブログが新設されました!

 ご無沙汰してしまってすみません(;^ω^)

①12月分の収支報告をアップしました、HPからどうぞ。

②シェルターボラさんによる、シエルターブログが開設になりました!
  
  「シェルターブログ 西那須野いぬねこ里親会 別館」

 念願の、シェルターブログ開設!!とても楽しく書いてくれていますヽ(´▽`)/
本館(ここ)よりも確実に頻繁にアップされると思います(;^ω^)、是非お気に入りに
加えてくださいませ!!

 里親会の様子は、ベッポの「里親さん、やーい!!」
並びに、神山釣具店ブログ 「釣り日和」にてどうぞ。


 さて、これでようやく、ここはTNRと会の運営に関わる報告に徹することが出来ます(´;ω;`)

中々、保護活動に関わる人たちでもTNRの重要性を本当に分かっている人はいません。
私代表も、長年活動してきて、色々な段階を踏んできてようやく分かったことです。
これから、ここはTNRに特化した啓蒙活動の場にしていきたいと思います。

 昨日と一昨日は、スタッフが保護している子達の手術。
今日は、新しい現場の子達の手術予定。
明後日も新規依頼現場の♀3匹の手術。
来週は新たにスタッフが捕獲した子猫の手術がすでに予定されています。
その他に、急遽捕獲できたノラっ子たちはその日のうちに、その都度。

 こんな感じで日々、TNRや保護っ子たちの手術を行っています。

 野良猫たちや野犬たちのTNRが進み、ブリーダーやショップ、手術をしない!?という
自称保護活動家がいなくなれば皆が穏やかに暮らせる日が来るのでしょうが、
ブリーダーたちを暗殺!する度胸は無いので我々は粛々と日々手術をするのです。

 ノラっ子たちの手術をしていると、縫合が必要な怪我のある子、骨折跡のある子、
重度シラミ寄生、耳ダニ寄生、血尿、歯石ガッチガチ・・・・色々と問題があります。
その度に、出来る処置は全て施します。今日は今までの症例(問題)からいくつか
紹介します。

DSC_0629 (1)n
 ネズミ捕りに掛かったと思われるケースが年に何度かはあります。
この子の場合は左半身が手から足にかけて完全に毛が固まってしまっていて
無理やりむしり取ったと思われる部分は、捕獲された時点で毛が全て無くなっていました。
DSC_0627 (1)n
 フエルト状になり、砂が一緒に固まってしまっていて修復不能。
バリカンの入るとことはバリカンで、根元まで糊で固まってしまっているところは
なるべく短くハサミで切っていきましたが、皮膚まで切ってしまった部分も(ゴメン!!)
糊や油類が付いてベトベトの子は、手術よりもそっちの方が時間が掛かります(;´д`)

 尻尾の壊死
DSC_2782d.jpg
 途中から尻尾が死んで、骨と皮になって腐敗臭を発しています。
原因は色々考えられますが、こういう子も毎年必ずいます。
こういう子はラッキーです、尻尾だけで済んだんですから。
DSC_2789d.jpg
 断尾は結構血が出ます。血を拭きながらでも出来ますが、当会では輪ゴムで圧迫止血
しておきながら切断しています。
DSC_2790d.jpg
 もっとお尻に近い部分で切らなきゃならない時は大変ですが、こんな途中での切断で
済む子は特にラッキーです。これでOK、予後良好です。

 生殖器の異常
IMG_1493r.jpg
 取り出した、卵巣~子宮(猫)です。
この子の場合は、片方の卵巣のところに水腫が出来てしまっています。
これだけでも、せっかく小さな皮膚切開で手術をしようと思っても、プラス数ミリ開かないと
取り出せなかったりします。こんなのは結構有り、他にも子宮蓄膿症、子宮筋腫など、
その時点で避妊手術をしてあげられたことが、命を救うことになるケースが多々あります。

 そんなわけで、西那須野いぬねこ里親会は県内の現場を中心に、TNRを柱として
日々のらりくらりと活動しています(;^ω^)
DSC_0620 (1)tnr
 背中に付けたブロードラインと、耳先カット
DSC_0618 (1)tnr

 今後共、ご支援よろしくお願い致します。

気になる現場のある方は、一日も早くご相談ください!!!犬、猫問わず。。

 ある早朝
DSC_0659l.jpg
 レオとシャアのふたりが、「おらたち、赤城の山さ行ってくるだぁ」と、
鉄砲担いで出て行ったと思ったら、鹿を仕留めて帰ってきました。
「さばいてくんろ」と言うので、さばいてやりました。

DSC_0672l.jpg
「んみゃ~ずら」

 生肉を切らすと下痢をしてしまうレオ(;^ω^)
もうすぐ16歳。偏食でも、それが体に合う子は生きる。

 

大田原、犬多頭現場の一斉手術ほか

毎回、リンクばかりですみませんが、当日の様子は

 みなしご庵へようこそ 11月30日

 うちの会で受けた案件でしたが、うちだけでやってたら、もし毎日朝から晩までやっても
1週間は掛かってました。とにかく、みなしごさんと、ちばわんさん、そして山口先生たちに感謝。
この活動、横の強い繋がりがあってこそ。前日の夜から準備をして、当日は朝イチから捕獲と鎮静を
始めることができた為もありますが、7時間で♀29頭、♂21頭、手術完了!!
このチーム、ホントに強いです。

 妊娠中4頭。体重5kg以上になっている子犬達は全員施術。ですが、手術できなかった小さい子達が
まだ10頭以上います。里子に出られれば、もっと楽しい暮らしが待っています。
預かりさん(2頭以上にて)、里親希望さん、当会か、みなしごさんへお問い合わせください。

 当会からは、前日の準備を手伝ってくれたベッポ嬢、当日の器具洗い等、ほぼ丸一日頑張って
くれたトマークスのむらさん、ホントにお疲れ様でした。

 トマークスさんから、先日のチャリティーウォークで集まった、5万円を超える基金を会に入れて
くださいました。このお金、ここの子達の設備費に、使わせてもらっていいよね。

 そして、次の日の朝

 みなしご庵へようこそ 12月1日

 麻酔事故もなく、全員、元気に覚醒。
何事もなかったかのように、無邪気に走り回る子達。

 いままで行政に苦しめられてきた飼い主Tさん、市役所やセンターの体質については
中谷さんのブログにお任せしますが(笑)、本当に、「愛護」、「指導」というのは
こういうことを言うのですよ。

 奇しくも11月30日、うちのTNR活動家Kさんが、相談のあった日光市の某公園猫のTNRを完了し、
その公園にこんな看板
4005e0ddb031950857aa252d9bf5ee32.jpg
 があったもんだから、律儀にもセンターにTNR完了のご報告TEL。

 そしたら何と、

「リターンするのはいいが、えさやりに餌をやらすな」と

「3日に1回、5日に1回と、徐々にえさやりの頻度を下げて、最終的に何もやらなく
なれば、猫は皆どこかへ行くから」と

 こう言ったそうです。

こんな看板立てといて、何言ってんだか。

そもそも、それって給餌の中断、ホントにそれを徹底したら、猫たちの行く末は・・・

完全に動愛法違反じゃないんですかね、センター率先して法律違反。

栃木県犬猫餓死、殺処分推進センター(笑)

 大田原市役所も、うちの会で親不孝通りの猫たちTNRをしたときは「なんにも
お手伝いできません」の一点張り、お役所返事を繰り返しておけば諦めて帰る
だろうのお役所仕事でした。
 センターに以前、質問書を送ったときも、何の誠意もないお役所返事を繰り返すだけでした。
そうやってのらりくらりかわしてれば諦めるだろうと分かってる。
事実、負けて、時間の無駄にしか思えなくて当てにするのをやめてました。

 それが、中谷さんに怒鳴られただけでコロッとヘコヘコ。これは悲しいかな事実です。
怒鳴られる前にしっかり動きなさいな。
環境衛生課とか、動愛センターとか、そこに配属されたのは本意ではないかもしれませんが、
配属されたからには、その意味と、運命と、やるべきことを真面目に考えてもらいたいものです。


 4日の里親会は、久々に代表とみた会場におります。
メシ食ってるか、犬と寝てるか、分かりませんが声かけてくださいヽ(´▽`)/

 物資支援のお願い

犬ウェット、かんっっぜんに無くなりました(;´д`)
猫ウェットも残り少なくなってきました。
猫ドライ、成猫用あと数キロ残になってしまいました。
子猫用・老猫用ドライは、まだ大丈夫です。

 12月現在、本部シェルター犬11頭、猫84匹。

ご支援よろしくお願い致します。
161201 (46)
161201 (38)
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR