ご支援お願い 里親募集の追加

 おかげさまで当会手術室が稼働して11月をもって1年が経ちました!!

当初目標、最初の1年で1000匹を目指していましたが、残念ながら達成できず(;^ω^)
ですが、700匹以上の野良っ子、保護っ子たちの避妊・去勢が出来ました。
TNR、地味な活動ですが、さらに一人でも多くの人の理解が進むことを願います。
TNRと保護活動は表裏一体。
TNRに力を入れることで保護する1匹、1頭の命の重みが増すのです。

 現在までのTNR活動は、ほとんどが猫ですが、今後は野犬にもっと力を入れていきたいと
思っています。今のところ、成野犬は10頭ほどしか捕獲できてません(;´д`)
市販の捕獲器に入らない野犬を捕獲できるノウハウがあるのは、たぶん栃木の団体では
うちだけですが、いかんせん野犬捕獲は手間と時間が猫の10倍かそれ以上です。
そこで、野犬の捕獲を一緒に頑張ってくれる方を探しています。特定の野犬(群)の生息場所が
分かり、捕獲器の設置場所を確保でき、日に2回以上餌の交換や確認に行ける方、どうか
連絡下さい。

 
 
 新しい・・・わけじゃないですが、掲載してなかった里親募集の子達のご紹介。 

しま君
161109dai (1)
161109dai (21)
 2011年生まれ、FIV・FeLV陰性。
ちょっとビビリで、注射したりすると「なんだこのやろー!」となりますが(笑)
とてもなつこく、穏やかな子です。


 しおちゃん
161109dai (4)
161109dai (6)
 2015年生まれ。FF陰性ですが、やや歯肉炎あり。
とても穏やかで、何されても平気な、小柄な女の子です。


 ティナさん
161109dai (8)
161109dai (15)
 2015生まれ。FF陰性。
こちらもとても穏やか、抱っこ大好き女の子です。女の子にしてはちょっと大柄。


 お問い合わせお待ちしております。HPの方にも里親募集中の成猫、成犬の写真を
掲載しております。子猫希望の方は、みんな里親会に参加中ですので、里親会に
お越し下さい。

 「うちに合ってる子はどんな子?」など、ご相談は里親会会場でお気軽にどうぞ。


それでは明日、13日の里親会でお待ちしております!!


 ご支援のお願い

猫ドライ、ウェットがまた厳しくなってきました。ウェットが、頂いた、たま伝の400g缶は
まだストックがあるのですが、ちょっと肝心の猫たちが飽きてきてしまっているようで(;^ω^)
申し訳ないですが、しばらく味を変えてあげるのにチャオ、金缶等でお願いできればと
思います。どうぞよろしくお願いします。

状況

 放置しすぎて何から書いたらいいか分かりませんが、思い出しながら書きます。
忙しさの一番の原因は子猫の保護や相談が相次いだこと。
そしてシェルターの白血病キャリアの母猫たちの子供たち(総勢7匹)の相次いだ発症、
連日のケア、看取り・・・・先日の記事で書いた予告が不幸にも現実となり、全員を厳しい
闘病の末に見送る結果となりました。
 子猫たちを連日のように見送っていた10日間ほどの最中、同じく白血病で闘病中だったラミが
とうとう・・・・・
DSC_0351rm.jpg
 ラミと子猫たち、総勢8匹合同での火葬。
ラミ、何度も何度も書きますが、ホントによく頑張って、何度も何度も復活してくれて
スタッフに大きな希望をくれました。亡くなった日、ラミの箱の中で、兄弟で同じく白血病キャリアの
アミがぴったり収まって一緒に寝ていました。なんとも切なかった。
ラミの分まで長生きしようよ、アミくん。

 そんな日々で、身体的にも精神的にもかなりきつかった・・・・
「かった」ではなく、直後に別の現場の兄妹子猫たちがダウンで一息ついている暇もなく。
喜連川の現場の子達、2腹5匹。
ある日突然、サトシが原因不明の貧血、酸素室に入れるが間もなく息を引き取る。
引き続き、他の4匹も相次いでダウン。
全員、数日食欲廃絶が続き、後、杏と強が回復、2匹は食べだして一安心、
でも、そこからさらに数日、小夜と姫が・・・
DSC_0370hs.jpg
 全く食べない状態が続く、小夜(サバ白)と姫(キジ)。
注射と、流動食(ロイカナパウダーまたはカケシア)や哺乳用ミルクの強制給餌で
何とか生き存えている状態。ゴロゴロスリスリしたりするのに、とにかく食べないので
今日から少しでも栄養消費を減らすため酸素室へ。
DSC_0372hs.jpg
 何とか回復して欲しい。
ホントに子猫は大変です。白血病キャリアだったりすれば尚更です。
小夜たちの母猫はFF検査せずにTNRしてしまったので、この子達にキャリアの可能性が
あるのか分かりませんが、この症状・・・もしかして・・・

 子猫は生まれても生きて大きくなれるとは限りません。
子のことだけでなく、命を削って出産をする雌猫の余生の幸せのためにも、
今日も明日も、人間によって処分される目も開かない子猫たちのためにも、
とにかくTNRを。

 買わない、産ませない、これだけで殺処分なんて無くせます。

 避妊・去勢、それだけでストレスや生殖器関連病から解放され、幸せな一生を
送らせてあげることができます。

 先日またテレビ出演の依頼を頂きましたが、もう8年も前にテレビを処分してしまったので
今の動物番組がどんな内容なのか分かりませんが、たぶんまだ繁殖肯定、いわゆる血統種や
子犬子猫の所有欲を煽るようなもので変わっていないのではないでしょうか?
時間もないですし、毎度のことながら出演は断りました。
そもそも、そんな大枠の中に保護活動をちょこっと差し込まれても、
きっと我々の真意は視聴者には伝わりません。
 里親会はもうそんなレベルではありません。
昔のように、子犬・子猫を求める里親希望者さんは少数派です。
進化しているところは、しっかり進化しているのです。

 
 7日の里親会参加子猫たち
DSC_0337 (1)0807kk
 子猫が決まらない(´Д`;)
やっぱりみんなもっと大きくならないと決まらないのか?
DSC_0336 (1)0807
160807k.jpg
DSC_0334 (1)807
DSC_0333 (1)0807kn

 明日14日の里親会はお休みです。

犬・猫ともに、お見合い希望の方は来週は随時受け付けます。
HPの譲渡条件をよくお読みになり、里親申し込みフォームよりお申し込みください。

ご支援お願い、子猫たち他

 今週も中々盛りだくさんの週でした。
子猫用フードのご支援、ありがとうございました。
とりあえずしばらく分は頂くことができました。
また必要に迫られた際はお知らせさせて頂きますので、よろしくお願いします。

 現在不足している物資は

犬用ウェット(デビフ他) 
猫用ウェット(チャオ等国産小缶、ホワイトフジ・タマの伝説等国産大缶)
成猫用ドライ(ピュリナワン)です。

 ご支援のほど、よろしくお願い致します。

平和なシェルター
DSC_03663hk.jpg
 箱から箱へ、ブリッジスリープ中の満子、ライチのおしり枕はプヨプヨで気持ちいいね(´∀`)
その満子の腕に手を絡ませ、あご枕はノア。

DSC_0346reo.jpg
 レオ、年取ってベロが出てることが多くなった(;^ω^)
DSC_0355sango.jpg
 あれ、こっちも(;^ω^) 珊瑚さん。

TNRの様子
DSC_0348tnr.jpg
 ほぼ毎日、ず~っと手術してますが(;^ω^)、終わる気配はありませんね。
栃木県央~県北~福島南部まで、様々な地域から依頼が来ます。
この地域は当会や、みなしごさんの一斉手術があるからまだ良いですが、
他の団体さんはホントに大変だろうな、と思います。
当会は手術室がありますから原則、捕獲当日手術です。
普通に協力病院に頼まなきゃならない一般の団体さんたちは、まず予約からですからね(´Д`;)、
費用も大変でしょうし。
捕獲からリターンまでの日数が掛かれば掛かるほど、普通の野良にはその分ストレスになります。

 ですが、全国の団体の方々、それでもやらなきゃ変わりませんから!
死ぬほど頑張ってくださいね!ヽ(;▽;)ノ うちも頑張ります!!!
DSC_0352tnr.jpg
 この日は4匹。夜中の2時半までかかっちゃったよ~(;^ω^)

子猫たち
DSC_0337knkt.jpg
 本部の白血病母とその子供たち。
先日書いた通り、母猫はもちろん、まだプラマイ不明な子猫たちも含めて
インターフェロン接種始めました。今日で4日目。~¥厳しいですが、やるだけやってみます。

 新、子猫シェルターの子達 
DSC_0304knkt.jpg
DSC_0309kknk.jpg

 1番小さい2匹兄妹
DSC_0266gknk.jpg
DSC_0313kknk2.jpg
 この子達の兄妹2匹は保護する前に現地で亡くなっています。
生き残ったこの子達だってこの状態。2匹だけでも保護できてよかった。


 現在、子猫4+2+1と、未手術母猫1が入っています。
詳しくは別ブログ「ねこまねきブログ」にて!!

 それでは、明日17日の里親会よろしくお願いします!

上の子猫、三毛と黒、デビュー予定ですヽ(・∀・)ノ

タヌロウ、良太の死

 6月27日 良太
 6月28日 タヌロウ


DSC_0149tr.jpg
 タヌロウ、あの震災のちょっと前に保護した子。
 良太、つい先日、某ノラ猫現場で保護。
血縁もなにもないけれど、タヌはとても面倒見の良いヤンチャなおじさんだから、
きっと優しく良太の手を引いて連れて行ってあげてくれたはず。
タヌに抱擁させた状態で、一緒に火葬にしました。
DSC_0150 (1)tr
 良太の母猫はすでにTNR済み、子猫は良太ともう1匹が保護済、他、まだ保護できていない
兄弟がいて、保護試み中ですが、良太だけ1回りも2回りも小さく、明らかにおかしいことは
最初から分かっていました。数ヶ月しか生きることが出来ませんでしたが、せめて最期、
土の上で苦しみながらではなく、穏やかに送ってあげることができました。

 5年前の2月
110217 (6)
 保護した直後のタヌロウ。
最初数日だけ人を警戒しましたが、すぐにこの状態。
捨てられたことはわかるのですが、体も傷だらけでした。
110217 (7)
 とても感情豊かな子で、スタッフ皆に愛された子でした。
いつもセミのようにしがみついてきて、抱っこをせがんでくれたタヌ。
とりあえず良太をよろしくね。
いつかまた会おう。

 
 最近のTNR
DSC_0139 (1)knk
 こんなちびっ子も依頼が来ます。
子猫だと、完全な野良でもなんとなく人馴れしちゃってる子がいます。
この子も、兄弟の中で1匹だけ人への警戒が薄く、手で捕まったそうです。
でもいっちょまえにダニも付けた野良っ子。この子は幸い、リターンせず
保護主さん宅の子になりました。

 保護っ子たち近況
DSC_0120 (1)3
 そこは定員2名さまですよ~(;^ω^)

DSC_0119 (1)3
キョウ「シャアくん!狭いよ~」
シャア「気にするにゃ、気にするにゃ!(笑)」

キキ・チャミ太、間にラミくん
DSC_0118 (1)kcr
 ラミ、また食欲が下がってしまってます。
ラミ本人、自分がガリガリになっていくことも全然気にしないのか(;^ω^)、
いつも明るくゴロゴロスリスリ、全く悲観的なところがない(笑)
なので、とにかく生かしてやろうとスタッフ色々持ち寄って至れり尽くせり。
薬も、正直言って毎日たくさん投与しています。
自力で食べてくれるなら、クスリ漬けと言われようと、何でもやってやる。
 
 マハンと仲間たち
DSC_0113mt.jpg
 マハン(中央)の顔が、ケイ(黒)のしっぽのハートの中に( ´艸`)
ちょっと前の写真です、1番下はタヌロウ。

パッチ・鼻ピン・鼻黒・シルバ・サブ 
1467354518756.jpg
 
 パッチ「ひかえおろ~!!」
1467354527111.jpg
 毎週里親会にも参加中のパッチ。
とても穏やかでいい子です、会いに来てくださいね。

 新猫舎 
DSC_0164 (1)nk
 寝子、とにかくなつっこく穏やかな寝子。
白血病でも、迎えてやるだけやってみたい!なんて奇特な方がいらっしゃいましたら
通常よりもさらに厳しい審査が待っているかもしれませんが、挑戦してみてください(´∀`)

 ホノボノ~
DSC_0166 (1)gr
 
 
 物資状況

 おからの猫砂グリーン、成猫用ドライ かなり厳しいですヽ(;▽;)ノ

ご支援頂けるとありがたいです。

 猫用ドライはメインで使用しているのはピュリナワンです。
その他、ロイカナ、アイムス、メディファス他も使っています。

ほしい物リストの方が、商品によっては「取り扱いなし」になってりしているようです。
直接お送りいただく方で、送付先が分からない方は、HPの問い合わせフォームより
お問い合わせください。お手数ですがよろしくお願いします。

 それでは7月3日の里親会もよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ!!!
 

けんたろうの足、シャギーくん他

  ジメジメして、猫砂も湿気を吸ってなんだか重たい今日この頃。
シェルターのエアコン3台も除湿でかけっぱなしにする日も増えてきました。

 手術の方は捕獲の方がなかなか上手くいかない現場が多く、滞ってしまっています。
ただ、11日はみなしごさんとの一斉手術、那須町にて新しい大きめの現場があり、
11日に出来るだけ一気にやれればと思ってますが、子猫の兄弟も確認できているだけで
2腹9匹おり、その子達が手術出来る大きさかどうかは微妙。

 携帯がスマホに変わり、スマホで撮った写真をPCにアップするのがどうも上手くいきません。
詳しい方、どうかレクチャーお願いします。メールで写真を頂くことがよくあるんですが、それを
保存してもどこ行ったんだかさっぱり分かりません(;^ω^)ガラケーカムバック!!

 フード状況。
いつも医薬品類を購入している動物薬卸業者さんから、期限間近や破袋のドライフード
(ロイカナ・ヒルズ・ビルバック等)を30kgほど頂くことができまして、ドライの方は少し
ストックが出来ましたが、ウェットがギリギリの状態で、買い足し買い足しやっております。
ご支援頂けますと大変助かります。よろしくお願い致します。
トップページのほしい物リストまたは、キッチンキャットさんよりお願いします。
その他から送ってくださる方で、送付先のわからない方はHPの問い合わせフォームより
ご連絡ください。

 主に使用しているウェットフード銘柄

 犬 デビフ・アニモンダ・アズミラ
 猫 チャオ・タマ伝他、国産品

 バラも咲きました~
DSC_0142r.jpg
 いきなりの趣味のコーナー(笑)
DSC_0137b.jpg
 芽摘みとか、追肥とか、全然テキトウなのでこれが限度っぽいです(;´Д`)
来年は頑張るぞ!って毎年思うけど、多分やらないでしょう(笑)
なかなか植物まで手が回らないのです(T_T)

 シモツケも
DSC_0124s_20160609155900d40.jpg
 まあ、放置でも何とか咲いてくれるのが植物です(笑)

 けんたろう、去勢、足の洗浄と処置、無事完了。
20160605171055k.jpg
 まだガリガリで、麻酔のリスクも怖かったですが足の方の処置を早くしてやらないと
膿とゴミと毛が絡まった不潔な状況から脱しないので(おとなしくやらせてくれればいいのに
痛がってすぐ噛む)ギリギリ少量麻酔で、手術中もピクピク動くレベルでササッと。
DSC_0127kak.jpg
 思ったより指は残ってましたし、かなり再生してきてました。
中指は先が無いが肉はかなり盛り上がってきている。
薬指、爪まであるが爪は明後日の方向を向いて、根元から膿。
もうこれは消毒と抗生剤で、あとはカバーをして清潔を保って指温存で
何とかなるようになるでしょう(笑)指の骨は多分折れてますが、それも
もう接合が始まっているでしょうから、そのまま着くところで着かせます。

 うちの保護っ子でも、やはり事故の後遺症と思われる、骨盤と指の異常の
ある子がいます。同じように指の長さが凸凹です。でも、なるようになれば
あとはほかの子達と同じように動けます。清潔を保ち、いかに早く再生を
させてあげられるかが重要だと思います。
DSC_0128kh.jpg
 ついでに補液もたっぷり。
DSC_0130k.jpg
 やっぱり、白血病(+)
以前にも書きましたが、白血病キャリアの子は、血液の凝固が弱い感じがします。
去勢の時の出血がじわりじわり長かったです。
 ひと段落して、けんたろうは保護スタッフ宅に引っ越しました。
寂しい手術室暮らしから、嬉しいステップアップヽ(*´∀`)ノ
でも、これからインターフェロン頑張ろうね、けんたろ。

 シャギーくん
1465277367307.jpg
 今日はシャギーくんをちょっとフィーチャー。
真ん中のひっくり返ってるのがシャギーくん。
「しゃぎくん」と呼ぶと、ちゃんと返事をして寄ってきてくれるシャギーくん。
とても甘えん坊で、最初だけ人見知りだけどとっても人大好き。
1465277337115.jpg
 まだ1歳になったばかりで、もっと甘えさせてもらえるお宅に迎えてもらいたい子です。
抱っこは好きじゃないけれど、ごっつんスリスリがとても上手な子です。
1匹でも、先住さんと同居でも大丈夫な子だと思います。お留守番もOK。
イケメンシャギーくん、里親会には連れて行ってませんので、気になった方は
会場で直接お聞きいただくか、里親申し込みフォームよりご連絡ください。

 ミケリ・月乃・マハン
DSC_01443.jpg
 静かに静かに!

 コンちゃん
DSC_0186k.jpg
 とても穏やかコンちゃん、3歳。
穏やかで優しくて、とても飼いやすい子です。
コンちゃんも、もっと人にベッタリで穏やかに過ごせるお宅へ里子に出してあげられれば
いいな~と思う子です。賑やかなお宅より、大人だけの家でのんびり暮らす方が合ってるかな。
お問い合わせ待ってます。

 ちびたろう・ユリ
DSC_0185c.jpg
 ちびたろうは生後2ヶ月にも満たない頃に無責任な保護主に捨てられた子です。
白血病陽性でしたが、幸いにもインターフェロンが効いてくれました。
そんな小さな頃に保護したのに、いまだにビクビクで慣れてくれないちびたろうですが、
こんなふうに落ち着いているときはベタベタしても、鼻ちゅうしても平気。
ちびたろうはそんな子なので里子には出せません、終生の子です。
 ユリは人懐っこさMAX!ですが、とにかく粗相がひどいので、この子も残念ながら
なかなか里子に出すのは難しい。募集はしてますけどね、頑張れる人ならOK。

 ムギくん、風邪をひく
DSC_0178m.jpg
 白血病キャリアの子は、健康な子と比べると、やはりちょっとしてことで
すぐに鼻がグズグズ、喉ゴロゴロしちゃいます。ムギくん、また青っぱなで
鼻の穴が塞がちゃいました(;^ω^)。すぐにお注射お注射。2日後には元気なムギに
戻りましたが、もうすでに強めの抗生剤じゃないと効かなくなっています。

 ドッグランでは
DSC_0166d.jpg
 喧嘩の元凶、つくしさんを別飼育にしてからというもの、すっかり平和になったラン。
以前はちょっとしたきっかけで大喧嘩が始まり、誰かが集中攻撃にあって怪我をする
ことが1~2ヶ月に1度くらいありました。事が起こると集中攻撃を起こしやすいのは
犬の特性で、どうしようもありませんが、口火を切る子がいなくなるだけで随分違います。
追い出されたつくしは、おかげで毎日外に散歩に連れて行ってもらえるのですが、
行く時も帰ってきた時も、ランに続くログハウスに帰りたくてしょうがない日々。
グイグイ引っ張って、ログハウスの裏口にいこうとするけど、「だって喧嘩しちゃうでしょ、
我慢しなさい」となだめられて渋々母屋へ。
 写真は、骨と格闘するケイくんと、手前右ダイゴ郎、左クレイの泥棒顔トリオ(笑)

それでは12日の里親会もよろしくお願い致します!
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR