那須アニマルクラブ崩壊その後 ・ 那須ハイ犬保護活動、本格始動!

 那須アニマルクラブ(以下NAC)崩壊については、
みなしご救援隊中谷さんのブログに全部書いてくれたのでここでは割愛。
ここをご覧になっている方々は、中谷さんのブログは見てるでしょうからね。

 以前から酷い状況は知ってました。だいぶ前にNACについて書いた覚えがあるのですが、
その記事がどこにあるのかさっぱり分からないのでまた書きますが、うちとしては、
何よりNACに犬猫が渡らないようにとにかくTNR。
そして、この地域に多かった「手術なんかしねぇ~、いいんだ~生まれたら佐藤さんが持ってくから」
の人たちの説得、無理やり取り上げたり、TNRしたり。

 その甲斐あってか、NACのブログを遡ってみたら、去年の総括というのが出ていて、犬が保護数23、
全部譲渡。猫が子猫23、成猫3保護、譲渡8だそうです。びっくりするくらい少ない。

 しかも、この譲渡のうち、うちの譲渡会にいらした方の中で保護活動に対する意識がとても高い方と
うちの譲渡条件からちょっとだけ外れてしまう「惜しい」方々に
「NACから迎えてあげてもらえませんか」と説得して行ってもらってるんで、
派遣(笑)した、良質な里親さんが何組か行ってくれたはず。

 意識の高い里親希望さんはもったいないですが、うちの保護っ子たちは、里親さんが決まらなくたって
帰る場所はキレイに管理されて良質なゴハンが出てくる愛しい我が家。NACの子達は。。。あそこ。

 うちの会としてはそんな包囲網を、完璧な網じゃありませんけど張って、何とかあそこへ入る子達を
減らそうと、せこせこやっておりました。それより面倒なのは、ただ騒ぐだけの第3者。色々な人たちに
「どうにかできないのか」言われてきました。返す言葉はただ一つ、「あなたはどうしたい?あなたは
何ができる?」当然ですよ、助けたいが私は何もしたくない、なんて虫のいい話はないですよ。
 今回、矢板のNACシェルター(・・と呼んでいいのか)に入った初日、中谷さんに呼ばれて行くと
NACのブログで「娘」と書かれている唯一のボラさんが来てまして、
聞くと、以前僕に同じような相談をしてやはり同じこと言われたそうです。
同じような相談がたくさんあるので、全然記憶にありませんでしたが、当人だと言われれば
何かしら話を進めたはずなので、気持ちはわかるけど第3者のフリはだめよ。

 さて、ここからは
ほぼ全頭みなしご栃木拠点へ保護して手術も終え、中谷さんと田原さんが広島に戻ってからの話。

 矢板のシェルター、とくかくあんな状態(中谷さんのブログ参照)なので、
ゴミに紛れて隠れられてしまっては猫がいるのかいないのかも分からず、
そんなときは捕獲器作戦で、数日後1匹捕獲。
 中谷さんは、日も入らない部屋で発情の兆しもないと書かれてましたが、この子は例外的に妊娠。
nh2.jpg
 出産しても、あの環境じゃまともに育つことすら出来ないとは思いますが、不妊手術もされてない
なんて、今までも出産まで至った犬猫はいたはずで、その子らが育ったらどうしてたの???
もしかして「保護した」ということにして譲渡??? 保護団体として最悪な所業が頭をよぎります。


 それからさらに数日。仕掛け続けた捕獲器4台はいつも動きなし。
地面に缶の形そのままで置いたモンプチもかじった形跡すらないので、もう生きている子はいないと判断。
nac1.jpg
 それでも中谷さんが「もしもがあるから、窓を一つ開けておいてやってくれ」というので、
とは言っても窓なんて全然ないのですが、唯一ある小窓に付いていたメッシュフェンスの格子を一つ外し、
いざという時は外へ脱出できるようにしました。
これにてNAC矢板シェルターでの作業はひとまず終了(´Д`;)

 これから先の話。
NACに入る犬猫が減っていたと言っても、未だに佐藤さんに生まれる度に渡していた無責任えさやりが
どこかにいるはずで、その人たちが今後どうするのか。情報を掴んでいくしかないですが、何とかして
うちや、みなしごさんに相談が行くように持っていきたい。それが唯一の心配事です。

 取り急ぎ、保護し残した子達の最終チェックまでのお話でした。




 さて、話はガラっと変わって那須ハイランドパーク。

まだご存知の方も少ないと思いますが、那須ハイランドパークでは昨年より、保護犬の譲渡活動が
始まっています。実は、監修は西那須野いぬねこ里親会がさせて頂いてまして、避妊去勢や基本
医療行為も当会が行っています。行政との間で色々手間取ってしまい、中々保護数を増やすことが
出来ませんでしたが、ついに先月より本格始動!となりました。

 当会と、譲渡条件などはほぼ同じになっています。これから犬を迎えようという方、ぜひ
那須ハイの譲渡活動も覗いてみてください!!

 那須ハイランドパーク保護犬譲渡活動(SOS活動)

 リク君、去勢手術後の様子。
nh1.jpg

 保護数を30頭くらいまで増やす予定とのことです。
これから入ってくる子達も、皆センターに収容された子達です。
会社をあげて、熱い情熱!を持って、頑なに「利益を出さない活動」として取り組んでおられます。
経験はまだまだ浅いので、至らない部分もあるかと思いますが、当会も一所懸命バックアップ
していきますので、那須ハイ犬譲渡活動をよろしくお願い致しますヽ(*´∀`)ノ
スポンサーサイト

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労さまです。
なすアニマルに、持ち込まれる子犬も
随分減ったなあと思っていました。
子犬は最近会津から持ってきてたようなので。

ハイランドパークでの活動、とてもありがたいです。
アニマルクラブさんが当初関わっていたと聞いていますが、捨てられる数も多く、四苦八苦していたと思います。
少しでも改善がありますように。

助けたいが、私は何もしたくない。
娘と言われてる女性は土佐犬の散歩位しか
ブログに登場しませんね。
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR