5月12日

 
第二猫舎(通称ノラねこ部屋)のゴハンタイム
DSC_0042nnb.jpg
 フライングがひとりいる。
この部屋だけは個別給餌ではなく、大皿で。
なぜなら慣れていない子が多いので、皆で食べられるようにして、人間がさっさと
部屋から出てってやらないと食べ始められない子が多いから。
こうやって、慣れてる子が先に食べちゃう(;^ω^)

 顎骨に腫瘍
DSC_0026mk_20170512155932b0c.jpg
 15年前に保護した「みーくん」ちゃん。ここ半年以上、下顎が硬く腫れ、穴があいて
抗生剤が切れると膿が止まらず、だましだましやってきましたが、落ち着く見込みがないため
N先生にお願いして麻酔下で見てもらうことに。
 すると下顎骨から出てきたのは、右の汚い金平糖のような骨腫瘍(だと思われる)。

 ついでに歯石のクリーニング。左のは奥歯から取れた大きな歯石(;´д`)

 左下顎に大穴が開いてしまいました。
DSC_0028mk.jpg
 とりあえず、本人としてはかなりスッキリしたようです。
ただ、物を舐める時に、ベロがこの穴に落ち込んでしまうようで、最初の数日かなり手こずってました。
これが続くようならヤバイな、と思いましたが、上手いことベロを右へずらす事を覚えたようです、
めでたしめでたし。
 あとは、この穴に食べたものが詰まってしまうことがないかどうか、様子見です。

 腫瘍と思われるもの、取り切れてはいないそうです。
完全に取ろうと思ったら、顎を大きくえぐらないとならないでしょうね。
もしかしたら、下顎を落とすようかも。
それでも猫なら何とか生きていけます。
でもみーくん、推定16歳ですからね、そこまではしません。

 今年の子猫たち
DSC_0050oy.jpg
 年間700匹手術しても、まだまだほんの一部。
今年も産まれてしまった相談が続々来ています。
こうやって母子全員保護できればいいですが、常にそうはいかないのが現実です。
こうして保護できても、子猫たち全員育つとは、これまた限りません。
そして出産の度に、メス猫は命を削っていきます。
DSC_0046oy.jpg
 せっかく生まれたんだから、しっかり育ってよ。
DSC_0048oy.jpg
 母子共々保護出来た場合で、このように母猫が落ち着いているときは
避妊手術を急ぐこともないので、子猫たちが離乳したら母猫手術の予定です。
その方が、子宮も細く戻っていて、切開も小さく済みますからね。


 先週の日曜日、代表とみた不在ですみませんでした。
定例の一斉手術でした→ みなしご庵へようこそ

 中谷さんが書いてますが、卵巣取り残す手術やっている獣医がいるらしく、
その獣医に手術された子達が皆発情が来る、ということで開けてみましたが
見事に残ってました。某ペットショップの管理獣医らしいですよ、生体売買に加担しておきながら
いくら愛護みたいなことやったって、プラマイゼロにはなりませんよ。

 ご支援のお願い

 犬ウェット、ストックゼロになってしまいました。
おからのネコ砂グリーン、あと1箱になってしまいました。

 ご支援頂けますと大変助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

 
DSC_0043y.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR