4月29日

ご無沙汰、久しぶり、○日ぶり・・・使い尽くしたから、日付で投稿にしよう(笑)

最近の手術室

卵巣の腫瘍化
DSC_0021is.jpg
 「あと何匹か」が捕まらず、長いことかかってしまっている市内某宅ですが、
何日かに1匹ずつ捕獲できて、少しずつ進んでおります。「産んでしまった」子も既にいますが・・・

 「6歳になるけど、今まで1回も産んだことがない」という♀。
もちろん、それまで避妊をしてあげなかったことが一番の問題ですが、そこに目くじらを立てても
しょうがない。

 摘出してみると、子宮がやけにボコボコなのも気になりますが、卵巣は正常の2~3倍に
腫れていました。これでは正常な発情や妊娠は出来ないでしょう。子供ができなかったことは
幸いではありますが、ということは6年間ずっとこの異常をもったままだったということで、
餌やりさんには、「これだから、早くに避妊をしてあげることが大切なんですよ」と。
この子、6歳にして身体は生後4ヶ月くらいの大きさしかなく、ホルモンの異常や、もしかしたら
持続的な痛みも・・・相当なストレスがあったと思います。とにかく、生後5ヶ月までに避妊を!!

 昨日は、久しぶりにセンターとご相談(笑)
最近は、僕も熱くなる気力がなくなりました(笑)、でも、冷静に理論的に話し合いができる、
良い傾向です(;^ω^)。

 県内某所、次に一斉手術をしたいと考えている犬2~30頭の現場。
その規模になると、みなしごさんに協力してもらわないと、うちだけではどうにもなりませんけどね。

 センターに苦情も入っていて、それなら手術をして、環境を整えるところまで、行政に間に入って
もらって、協力して進めたいと僕は思うのですが、特定の団体を紹介することはできないの一点張りで、
平行線でしたが、少しずつでも良い方向へ進めばなぁと思います。
・・と、思うこと10年です(笑)

 獣医さんが10人もいるセンターですが、どうしても苦情処理の対症療法で終わっていて、
本当にもったいない。広島のように、職員さんが頑張っているのを聞くと、そこまでセンターを
持っていけない、栃木の民間団体の不甲斐なさをホントに感じます。


 新入り子犬たち
 DSC_0011koinu.jpg
 昨年11月にやった、60頭現場、その時小さすぎて手術できなかった子達、
この3頭で全員無事終わりました。18日に手術して、そのまま引き取ってシェルターで面倒見てます。
この子達は5月1日、あるところに移動になります。
楽しいことが始まりそうですヽ(*´∀`)ノ
まだ詳しいことは書けないのですけどね。
思わせぶりで、後日(笑)

 それでは、明日30日の里親会でお待ちしております!!

 ご支援のお願い

 ドライはご支援頂いた分と、購入した分でしばらく大丈夫そうです、
ありがとうございました。

 ウェットが残り厳しくなってきてしまいました。
とりあえずホムセンに行ってこようと思います。
ご支援も頂けましたら大変助かります、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR