けんたろうの足、シャギーくん他

  ジメジメして、猫砂も湿気を吸ってなんだか重たい今日この頃。
シェルターのエアコン3台も除湿でかけっぱなしにする日も増えてきました。

 手術の方は捕獲の方がなかなか上手くいかない現場が多く、滞ってしまっています。
ただ、11日はみなしごさんとの一斉手術、那須町にて新しい大きめの現場があり、
11日に出来るだけ一気にやれればと思ってますが、子猫の兄弟も確認できているだけで
2腹9匹おり、その子達が手術出来る大きさかどうかは微妙。

 携帯がスマホに変わり、スマホで撮った写真をPCにアップするのがどうも上手くいきません。
詳しい方、どうかレクチャーお願いします。メールで写真を頂くことがよくあるんですが、それを
保存してもどこ行ったんだかさっぱり分かりません(;^ω^)ガラケーカムバック!!

 フード状況。
いつも医薬品類を購入している動物薬卸業者さんから、期限間近や破袋のドライフード
(ロイカナ・ヒルズ・ビルバック等)を30kgほど頂くことができまして、ドライの方は少し
ストックが出来ましたが、ウェットがギリギリの状態で、買い足し買い足しやっております。
ご支援頂けますと大変助かります。よろしくお願い致します。
トップページのほしい物リストまたは、キッチンキャットさんよりお願いします。
その他から送ってくださる方で、送付先のわからない方はHPの問い合わせフォームより
ご連絡ください。

 主に使用しているウェットフード銘柄

 犬 デビフ・アニモンダ・アズミラ
 猫 チャオ・タマ伝他、国産品

 バラも咲きました~
DSC_0142r.jpg
 いきなりの趣味のコーナー(笑)
DSC_0137b.jpg
 芽摘みとか、追肥とか、全然テキトウなのでこれが限度っぽいです(;´Д`)
来年は頑張るぞ!って毎年思うけど、多分やらないでしょう(笑)
なかなか植物まで手が回らないのです(T_T)

 シモツケも
DSC_0124s_20160609155900d40.jpg
 まあ、放置でも何とか咲いてくれるのが植物です(笑)

 けんたろう、去勢、足の洗浄と処置、無事完了。
20160605171055k.jpg
 まだガリガリで、麻酔のリスクも怖かったですが足の方の処置を早くしてやらないと
膿とゴミと毛が絡まった不潔な状況から脱しないので(おとなしくやらせてくれればいいのに
痛がってすぐ噛む)ギリギリ少量麻酔で、手術中もピクピク動くレベルでササッと。
DSC_0127kak.jpg
 思ったより指は残ってましたし、かなり再生してきてました。
中指は先が無いが肉はかなり盛り上がってきている。
薬指、爪まであるが爪は明後日の方向を向いて、根元から膿。
もうこれは消毒と抗生剤で、あとはカバーをして清潔を保って指温存で
何とかなるようになるでしょう(笑)指の骨は多分折れてますが、それも
もう接合が始まっているでしょうから、そのまま着くところで着かせます。

 うちの保護っ子でも、やはり事故の後遺症と思われる、骨盤と指の異常の
ある子がいます。同じように指の長さが凸凹です。でも、なるようになれば
あとはほかの子達と同じように動けます。清潔を保ち、いかに早く再生を
させてあげられるかが重要だと思います。
DSC_0128kh.jpg
 ついでに補液もたっぷり。
DSC_0130k.jpg
 やっぱり、白血病(+)
以前にも書きましたが、白血病キャリアの子は、血液の凝固が弱い感じがします。
去勢の時の出血がじわりじわり長かったです。
 ひと段落して、けんたろうは保護スタッフ宅に引っ越しました。
寂しい手術室暮らしから、嬉しいステップアップヽ(*´∀`)ノ
でも、これからインターフェロン頑張ろうね、けんたろ。

 シャギーくん
1465277367307.jpg
 今日はシャギーくんをちょっとフィーチャー。
真ん中のひっくり返ってるのがシャギーくん。
「しゃぎくん」と呼ぶと、ちゃんと返事をして寄ってきてくれるシャギーくん。
とても甘えん坊で、最初だけ人見知りだけどとっても人大好き。
1465277337115.jpg
 まだ1歳になったばかりで、もっと甘えさせてもらえるお宅に迎えてもらいたい子です。
抱っこは好きじゃないけれど、ごっつんスリスリがとても上手な子です。
1匹でも、先住さんと同居でも大丈夫な子だと思います。お留守番もOK。
イケメンシャギーくん、里親会には連れて行ってませんので、気になった方は
会場で直接お聞きいただくか、里親申し込みフォームよりご連絡ください。

 ミケリ・月乃・マハン
DSC_01443.jpg
 静かに静かに!

 コンちゃん
DSC_0186k.jpg
 とても穏やかコンちゃん、3歳。
穏やかで優しくて、とても飼いやすい子です。
コンちゃんも、もっと人にベッタリで穏やかに過ごせるお宅へ里子に出してあげられれば
いいな~と思う子です。賑やかなお宅より、大人だけの家でのんびり暮らす方が合ってるかな。
お問い合わせ待ってます。

 ちびたろう・ユリ
DSC_0185c.jpg
 ちびたろうは生後2ヶ月にも満たない頃に無責任な保護主に捨てられた子です。
白血病陽性でしたが、幸いにもインターフェロンが効いてくれました。
そんな小さな頃に保護したのに、いまだにビクビクで慣れてくれないちびたろうですが、
こんなふうに落ち着いているときはベタベタしても、鼻ちゅうしても平気。
ちびたろうはそんな子なので里子には出せません、終生の子です。
 ユリは人懐っこさMAX!ですが、とにかく粗相がひどいので、この子も残念ながら
なかなか里子に出すのは難しい。募集はしてますけどね、頑張れる人ならOK。

 ムギくん、風邪をひく
DSC_0178m.jpg
 白血病キャリアの子は、健康な子と比べると、やはりちょっとしてことで
すぐに鼻がグズグズ、喉ゴロゴロしちゃいます。ムギくん、また青っぱなで
鼻の穴が塞がちゃいました(;^ω^)。すぐにお注射お注射。2日後には元気なムギに
戻りましたが、もうすでに強めの抗生剤じゃないと効かなくなっています。

 ドッグランでは
DSC_0166d.jpg
 喧嘩の元凶、つくしさんを別飼育にしてからというもの、すっかり平和になったラン。
以前はちょっとしたきっかけで大喧嘩が始まり、誰かが集中攻撃にあって怪我をする
ことが1~2ヶ月に1度くらいありました。事が起こると集中攻撃を起こしやすいのは
犬の特性で、どうしようもありませんが、口火を切る子がいなくなるだけで随分違います。
追い出されたつくしは、おかげで毎日外に散歩に連れて行ってもらえるのですが、
行く時も帰ってきた時も、ランに続くログハウスに帰りたくてしょうがない日々。
グイグイ引っ張って、ログハウスの裏口にいこうとするけど、「だって喧嘩しちゃうでしょ、
我慢しなさい」となだめられて渋々母屋へ。
 写真は、骨と格闘するケイくんと、手前右ダイゴ郎、左クレイの泥棒顔トリオ(笑)

それでは12日の里親会もよろしくお願い致します!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR