くまもんと、野良っ子の死

 昨年、里子に出たくまもん。2か月前に縦隔型リンパ腫と診断され、
くまもんも、里親さんも、闘病頑張ってこられましたが、本日永眠しました。

 本日、昼
160428 (3)
 今朝、痙攣を起こして倒れたとの連絡を頂き、急遽会いに行ってきました。
亡くなる数時間前に、最後に会うことができました。
160428 (4)
 2ヶ月間、本当に頑張ってくれました。ようやく1歳になったばかりで、本当に悔しいですが
こればかりは受け入れなくてはなりません。くまもんの兄妹3匹はまだシェルターで暮らしています。
みんな元気です。猫の兄妹は、だれかひとりが何か背負って旅立ってしまったり、
一生付き合わなくてはならない病気を患ったり、そんなことがとても頻繁に起こります。
誰かが請け負って、ほかの子達を助けるような、そんな気さえします。

 それでも、今まで生きてくれてありがとう。
安らかに、そしてまた早く生まれ変わっておいで、くまもん。

 兄弟のJJが
160428 (1)
 なんだか今日はいつも以上におんぶしろとうるさい。
そして、シャギーとチャビはソファーベッドの隙間に隠れてしまっていた。
いつもはこんなことなかったのに。 兄妹たちに、何か通じたんだろうか・・・


 そして日を同じくして
160428 (2)
 数日前に避妊(堕胎あり)をした野良っ子、亡くなりました。
昨晩からあらゆる治療を施しましたが、回復はしてくれませんでした。
最期は酸素室を作って、苦しまず逝かせてあげることが出来たと思います。
原因ははっきりとは分かりませんでしたが、明らかに他の姉妹より小さく、
元々何か問題を持っていたようでした。
 手術室を開設してから初の死亡となってしまいました。
 どうしても、2~300匹に1度、原因不明の術中、術後の死亡が起こって
しまいます。しかし、だからといってTNRをやめたら、その何倍、何十倍もの
不幸な命が増え、不幸な死が増えます。
 この子の居た場所も、無責任なえさやりで増えた現場です。
狭い範囲で交配が続けば、必ず近親交配の異常個体が出始めます。
とにかく、こういう子を出さないためにも心から皆さんにお願いしたい。
1日も早く避妊・去勢を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR