1月10日の里親会  平成27年の総括

 今年最初の里親会なのに写真が一枚もない(;^ω^)
年頭に当たり、たくさんの里親さんがお越しくださり、物資もたくさんいただきました。
1月4日にトライアル開始したマルが、すっかり家族の一員となり遊びに来てくれました。
肝心の成果の方は、猫が2匹ずつの2組、計4匹トライアルが決定しました。
幸先の良い出足となったと思います、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

そんな中、1月9日
ポン亡くなりました。スタッフ、ベッポ家の保護犬、しばらく里親会にも参加していたポン。
結局、保護される前はどんな飼い方をされていたか全くわかりませんでしたが、老犬になるまで
去勢もしてもらえず、行方不明になっても探してももらえず、もしかしたら故意に捨てられたのかも
しれません。大した飼い方をされていたとは思えません。保護されてからの幸せな暮らしだけの
記憶を持って天国へ行ってくれたと思います。ポン、安らかに。
詳しくは、ベッポの「里親さん、やーい!」にて、最後の姿を見てあげてください。

 
 写真がないので、昨年の総括でも書いてみようかと思います(;^ω^)

 正確に集計してもあまり意味がないので時間がもったいないので、大まかに、
正式譲渡50組、避妊去勢(TNR含む)300匹くらい出来たと思います。
手術に関しては、お知らせした通り、今年は会で手術室を設けることが出来ました。
その後の手術ペースがぐっと上がりました。スタッフの捕獲技術も目覚しく上がりました。
捕獲できた子を原則としてその日のうちに全匹手術できています。
今年は11日までに7匹。昨年秋以降、かなりのペースで進めたので、
少し落ち着いています。増えないようにするしか、現在の日本の状況では、不幸な
命を減らす有効な手立てはありません。(売買が無いことは大前提)
保護しなければならない子達が増えれば、その分世話に手を取られ、手術が滞る悪循環
になってしまうので、当会を含む保護団体や個人ボラで抱える子達が増えるのを抑制し、
TNRがさらに進み、保護っ子たちのケアが今までよりさらに深くできるようにする為でもあります。

 話は少し逸れますが、当会もシェルターの世話をもっと強化しなければならない状況です。
調子の悪い子が複数出るとかなり時間が掛かってしまいます。何というか、少人数でやっている
脆弱性が露呈するという感じです。ボランティア大募集中です、早朝のみ(例:5時~7時とか)
も大変ありがたいです。お問い合わせください。
 
 譲渡に関しては、5年前、西那須で始めた当初に比べると、里親希望さんのレベルがかなり
上がってきました。当初は5組希望者がいたら、まず譲渡条件をクリアできるのが1組くらいでした。
今は2~3組に1組くらいに上がっています。たかが5年ほどでも、犬猫を飼うことの責任感が
色々な情報を通じて自然と上がっています。保護団体による啓蒙活動も大いに効果が上がっていると
思います。残念ながら、いまだに足を引っ張っている団体もありますが・・・。
 
 残念な里親希望者も実際にはまだいます。小さいお子さんがいらっしゃる場合は、抵抗する
力のない(子供に負ける)ほどの子猫は譲渡していないのですが、「うちの子は大丈夫だ」とか・・・
そんなことはうちは全然興味ないんですけどね。お年寄りがいらして、「年寄りが犬を飼うと良い
という医者の著書?がある」(から子犬よこせ)とか・・・知るか、んなこと(笑)その医者連れてこい、
犬は物じゃねえ!!・・・とまでは言いませんでしたが(笑)、そんな人達の対応も、たまには
しなきゃならないのです。 今年はさらに面倒くさい客が減ればいいな~(笑)

 物資支援について。現在、保護犬17頭、猫85匹です。昨年は老犬が相次いで亡くなり、
犬が久しぶりに20頭を切りました。
1日当たり、おおよそ、犬がドライフード5kg+ウェット1.9kg(デビフ160g×12)
猫ドライ4.5kg+ウェット3.1kg(チャオ85g×36)がベースです。昨年は8割方
ご支援で賄うことができました。まだ足りなくなり買いに走ることもしばしばありますが、
ご支援分に大変助かっております。今年もどうかよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR