9/20の里親会 モコ・ミクお届け ことみお届け ハチスケお届け 風邪っ子部屋 ララその後

 9月20日の里親会、少し風が強いながらも良い気候に恵まれ、ご縁は少なかったものの
たくさんのお客さんにご来場頂きました。

 しらすさん、2回目ワクチン終了。
150920sokk (1)
 まだちょっと場馴れが出来ないシラスちゃん。
保護宅では明るく元気いっぱいです、2回目のワクチンも終わり一安心。

 クロ、会場ではだいぶ落ち着きが出てきました。
aq-46.jpg
 クロちゃんについてはトップページの、ベッポの「里親さん、やーい!」をクリック!

 ヒナ「あたしのおうちはまだ決まらないの?」
aq-45.jpg
 中途半端なところにはやんないから、安心しな。
こんな飼い易い子はいません。飼育経験の乏しい方にもお勧め。犬猫同居全く問題なし。

 今日デビュー、ノア♀7歳
aq-42.jpg
 那須町の某動物病院さんに元の飼い主から里親探しをしてくれと置いて行かれた子。
今日がデビューとなり、年齢もあって相当時間がかかるか、里親さんが決まるのは
厳しいかと思われたくらいでしたが、偶然にも丁度条件の合う里親希望さんがいらっしゃいました。
150920sokk (2)
 里親希望さんご家族の、主にお世話にあたる方の御年齢により、当会の
譲渡条件に合う子がたまたまこの子しかいなかったというのもありますが、
里親さんの生活スタイルとご家族の構成から考えて、ノアはかなり相性が良い
と思われます。
 東京がメインのお住まいで、那須に別宅をお持ちのご家族。
早速21日に那須の別荘の方へお届けにあがり、トライアルを開始しました。
うまくいきますようにヽ(・∀・)ノ

 モコ・ミクお届け
150912ez (2)
 モコ・ミク姉妹は世界一可愛い茶白と言われる(笑)「ボク」の姉妹です。
モコ・ミクは、もうすっかり家族の一員として、大きい顔で(笑)暮らしています。
とにかく目に入れても痛くないほど愛されていて、こちらも自然と笑みがこぼれます。

 実はもう1匹、姉妹の「チコ」がいました。チコは前々回の一斉手術で
「亡くなった子がいた」と書いた、まさにその子です。
月齢から考えて早過ぎると思われる発情があり、そういう面でも少し異常のあった子でした。
 手術自体は全く問題ありませんでしたが、麻酔から覚めてくれることは
ありませんでした。モコ、ミクはなんの問題もなく覚醒したにも関わらず。
 
 これまで県内で何千匹と手術をしてきたでしょうか、当会の関わった一斉手術では
初めてのことでしたが、常にこの危険性はゼロではないことを覚悟していなければ
なりません。こういう事故は、常に避妊去勢を否定するような無責任な人たちに都合よく
解釈され、利用されます。そういう人たちにとっては、今現在でも栃木だけでも1300以上の
猫たちが毎年殺処分されている現実も無視。避妊去勢をしないことによる乱繁殖、近親交配
による遺伝病、無残な事故死等々も無視。将来の生殖器系の致命的な病気のリスクも無視。

我々は、リスクを背負いながらも粛々と、不幸な子を1匹でも減らすため、手術を進めていきます。

3つの「ピ~ス!」
150912ez (5)
 おなじみ、一斉手術で手術をした子達には、野良っ子はもちろん、里子に出る子にも
耳先カットを入れています。これから里親さん宅に来たお客さんに、耳先カットの意味を
知っていただく啓蒙大使として頑張ってもらうためですヽ(*´∀`)ノ。

 最近では、みなさんの意識も上がってきていて、「勲章みたい」とか
「先住の子も入っているので、次の子にも入れてください」とかおっしゃってくれる方もいて、
嬉しい限りですね。

 モコ・ミク里親Eさん、心配性で(笑)?色々心配なこともあるでしょうから、いつでもご連絡くださいね。大変な経験となってしまいましたが、本当に良いご縁に恵まれました。
末永くよろしくお願いします(∩´∀`@)⊃

ことみ、お届け
150823ktm (2)
 日光から参加の子猫達から、ことみが一番に里親さんが決まりました。
経験の豊富な里親さんなので、安心して譲渡となりました。
20日の里親会には、2回目のワクチン接種のため来てくれました。
一回り大きくなって、落ち着いてるし、とても元気そうで何よりでしたヽ(´▽`)/
150823ktm (4)
 里親Hさま、また来月血液検査でお待ちしてます、何度も来て頂いてすみません(;^ω^)
今後ともよろしくお願いしますヽ(・∀・)ノ

 ハチスケお届け
150905km (11)
 ハチスケは黒磯6兄妹の1匹、母猫にくっつけておいた方がいい感じの子かな?と
思った時もあった子なんですが、全然問題なくなり、堂々と独り立ちして里子入りとなりました。
 里親さんは、当会発足当初に1匹目のプリンさんを迎えてくださった馴染み深いご家族です。
プリンを迎える前に、知らずに某ペットショップからアメショを購入し、2ヶ月齡と言われたにも関わらず
500gしかないその子は、懸命な、毎日の病院通いをしたそうですが1週間足らずで一生を終えました。
その子の生きた証は、ペット業界の酷さを記憶にしっかりと残してくれたことかもしれません。
里親会の会場で涙ながらにお話してくれた時からのお付き合いです。

 ハチスケ改め「パンたろう」
150905km (10)
 顔の模様がパンツみたいで・・・って(笑)、ネーミングセンスだけが問題なんですよね・・(笑)
思ったよりはスムーズに新しい家に慣れてくれました。
プリン姉さんと仲良く、ずっと幸せにねヽ(*´∀`)ノ

 プリン姉さま
150905km (8)
 ちょっと、「家族をパンたろうに取られちゃったかな?」感があるようですが、
そうやって新しい子の面倒の見かたや、自分のスタンスを学んでいきます。
お姉さんぶったり、ふたりで走り回っちゃたり(≧∇≦)、楽しく暮らして行って欲しいと
思います。里親Kさま、しばらく食事の区分けが大変そうですが、うまくやってくださいね(笑)
それでは末永く、よろしくお願いします!

 シェルター風邪っぴき部屋、その後。
DCIM0005tr_20150922124343167.jpg
 みんなだいぶ食欲が戻ってきました。まだグスグスしてる子が多いですが、
とりあえず一安心です。
150921tr (5)
 子猫たちはなるべくケージ隔離して食べさせたい。
150921tr (3)
こびりついてるのも舐めちゃおよ!!
150921tr (1)
 現在、ビブラマイシンだけで治療中です。このまま徐々に回復して行ってくれれば
いいと思います。ほかの部屋へ行く時はバイオチャレンジで手を消毒するだけですが、
さすがに間接的に媒介されるほど強い原因病原体ではなさそうです。今のところ
他の部屋の子達には移ってません(;^ω^)

 ララその後
150922rr (3)
 ララ、正式に元保護主さん宅の子になりました(TдT)・・・ アリガトウ
150922rr (2)
 そもそも、ララを里子に出すことになったのは、保護主さん宅では実はご家族3人の
介護をされているためでした。今でも状況は変わっていないので、先住2匹とララ合わせて3匹の世話、
本当に大変なんだと思います。ですがこのララ、また出せば何かまた不運があるんでは?という心配が
どうしても付きまとうのです(;^ω^)
 今回の件は実は3度目の不運。1度目は、最初にお届けに行ったお宅が汚くてその場で譲渡を断って
とんぼ返りしてきた日(;^ω^)。
 2度目は保護主さんと里親会に向かう車で、信号無視の車に突っ込まれ大事故((((;゚Д゚))))
 そして今回の里親とララ逃亡。

 先住のキキ・ジジ両兄さんと
150922rr (1)
 3匹で走り回って遊べるようになったそうです。
お互いを思い出したのか、そもそも猫同士仲良くなるのが得意な子達なのか、
何はともあれ、元の鞘に戻ってこの3匹がこれからまた一緒に暮らしていけることに
ホッと一安心。でも、大変でしょうから、会としても医療等サポートをしていくこととしました。

 ご協力、ご心配いただいたたくさんの方々、本当にありがとうございました。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR