11月18日の里親会

11月18日の里親会は、またまた子犬の持込みがありました。

その年配の男性は、とてもニコニコしながらダンボールを抱えてやって来ました。
中には子犬が4匹。どの子も茶色で中型犬の赤ちゃんです。

「オス犬をおっぱなしちゃだめなんだろ?!うちの犬はちゃんと繋いであんだ。」
と憤慨した様子で言っていました。
「飼い主が放す気はなくてもメスの発情の匂いをかぐと鎖を千切ってでも来ちゃうんですよ。」
「離乳してから不妊手術をするなら里親会に参加できますよ。」
「まだ生後間もないのであと1ヶ月くらいたたないと里親会に出すことはできないです。」
など説明しましたが、どこまで理解していただけたか不安です。

悪気のない様子で、「河原にほかそうかと…」「市役所にやっちゃおうかと…」なども
おっしゃっていました。
市役所に渡してしまうとそのまま保健所行きなこと、殺処分になってしまうと
二酸化炭素による窒息死が待っていること、子犬や子猫はそれでも死にきれずに
生きたまま燃やされてしまうことがあること、なども説明しましたが
特に何かを考えるという風ではありませんでした。

とにかく里親会に出せるくらいの時期に連絡するので来て下さいとお約束しました。
その方は来た時と同じようにニコニコしながら帰って行かれました。

なによりの心配は、その子達の母犬の不妊手術をしてもらえるかです。

以前、里親会に参加した方で子犬が離乳した頃に不妊手術をお願いしたところ、
了承されていたはずなのに金銭面で余裕がないからと来なくなってしまった方が
いました。
その後どうされたのか今でも心配です。

犬も猫も健康なメスならほとんど必ず子供を産みます。
すべて飼う、または里親がみつかっている、という場合以外は
不妊・去勢手術は必須です。
年間何十万匹も殺処分されている現状を知って欲しいです。
保健所の収容動物の写真を見てみて下さい。
次の週に見た時には、その子たちはもういません。

こういった活動に関わってから思うことは
正しい犬猫の飼い方を知らない人が多いということ。

できれば子供のうちから知識を持っておいて欲しいと思います。
学校で道徳の時間などに取り入れてもらうことはできないのかな。
教育委員会とかに申し出てみるとか…?

ちょっと暗い話が長くなっちゃいましたね。

今週の参加犬猫写真館~!

DSC_0952_20121121004732.jpg ティガ
DSC_0954.jpg ルーサー
DSC_0958.jpg
P1090525.jpg
DSC_0959.jpg チャッピー
DSC_0965.jpg コロ助
DSC_0974.jpg
DSC_0976.jpg ゆず

P1090501.jpg ライチ
DSC_1041.jpg
P1090502.jpg たぬろう
P1090510.jpg
P1090518.jpg はっちゃん
P1090520.jpg テン・ロック・ナナ
DSC_1017.jpg おねえちゃん
DSC_1024.jpg もっちゃん
DSC_1028.jpg チビ
DSC_1031.jpg
DSC_0981.jpg 壬生の子猫たち
DSC_0985.jpg
DSC_0988_20121121005451.jpg
DSC_0994.jpg
DSC_0996.jpg
DSC_1009_20121121005543.jpg

今年はインフルエンザの流行が早いらしいです。
みなさん、気をつけて下さいね。


byジャンハム
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

マックスさま、こんにちは!

コメントありがとうございます!
本当にね。終生飼育は基本ですよね。

小さな動物だからといって生活にお金がかからないわけがないことも
わかってくれないと、ですよね。
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR