NAC崩壊その後 ・ 那須ハイ犬保護活動、本格始動!

 NAC崩壊については、みなしご救援隊中谷さんのブログに全部書いてくれたのでここでは割愛。
ここをご覧になっている方々は、中谷さんのブログは見てるでしょうからね。

 以前から酷い状況は知ってました。だいぶ前にNACについて書いた覚えがあるのですが、
その記事がどこにあるのかさっぱり分からないのでまた書きますが、うちとしては、
何よりNACに犬猫が渡らないようにとにかくTNR。
そして、この地域に多かった「手術なんかしねぇ~、いいんだ~生まれたら佐藤さんが持ってくから」
の人たちの説得、無理やり取り上げたり、TNRしたり。

 その甲斐あってか、NACのブログを遡ってみたら、去年の総括というのが出ていて、犬が保護数23、
全部譲渡。猫が子猫23、成猫3保護、譲渡8だそうです。びっくりするくらい少ない。

 しかも、この譲渡のうち、うちの譲渡会にいらした方の中で保護活動に対する意識がとても高い方と
うちの譲渡条件からちょっとだけ外れてしまう「惜しい」方々に
「NACから迎えてあげてもらえませんか」と説得して行ってもらってるんで、
派遣(笑)した、良質な里親さんが何組か行ってくれたはず。

 意識の高い里親希望さんはもったいないですが、うちの保護っ子たちは、里親さんが決まらなくたって
帰る場所はキレイに管理されて良質なゴハンが出てくる愛しい我が家。NACの子達は。。。あそこ。

 うちの会としてはそんな包囲網を、完璧な網じゃありませんけど張って、何とかあそこへ入る子達を
減らそうと、せこせこやっておりました。それより面倒なのは、ただ騒ぐだけの第3者。色々な人たちに
「どうにかできないのか」言われてきました。返す言葉はただ一つ、「あなたはどうしたい?あなたは
何ができる?」当然ですよ、助けたいが私は何もしたくない、なんて虫のいい話はないですよ。
 今回、矢板のNACシェルター(・・と呼んでいいのか)に入った初日、中谷さんに呼ばれて行くと
NACのブログで「娘」と書かれている唯一のボラさんが来てまして、
聞くと、以前僕に同じような相談をしてやはり同じこと言われたそうです。
同じような相談がたくさんあるので、全然記憶にありませんでしたが、当人だと言われれば
何かしら話を進めたはずなので、気持ちはわかるけど第3者のフリはだめよ。

 さて、ここからは
ほぼ全頭みなしご栃木拠点へ保護して手術も終え、中谷さんと田原さんが広島に戻ってからの話。

 矢板のシェルター、とくかくあんな状態(中谷さんのブログ参照)なので、
ゴミに紛れて隠れられてしまっては猫がいるのかいないのかも分からず、
そんなときは捕獲器作戦で、数日後1匹捕獲。
 中谷さんは、日も入らない部屋で発情の兆しもないと書かれてましたが、この子は例外的に妊娠。
nh2.jpg
 出産しても、あの環境じゃまともに育つことすら出来ないとは思いますが、不妊手術もされてない
なんて、今までも出産まで至った犬猫はいたはずで、その子らが育ったらどうしてたの???
もしかして「保護した」ということにして譲渡??? 保護団体として最悪な所業が頭をよぎります。


 それからさらに数日。仕掛け続けた捕獲器4台はいつも動きなし。
地面に缶の形そのままで置いたモンプチもかじった形跡すらないので、もう生きている子はいないと判断。
nac1.jpg
 それでも中谷さんが「もしもがあるから、窓を一つ開けておいてやってくれ」というので、
とは言っても窓なんて全然ないのですが、唯一ある小窓に付いていたメッシュフェンスの格子を一つ外し、
いざという時は外へ脱出できるようにしました。
これにてNAC矢板シェルターでの作業はひとまず終了(´Д`;)

 これから先の話。
NACに入る犬猫が減っていたと言っても、未だに佐藤さんに生まれる度に渡していた無責任えさやりが
どこかにいるはずで、その人たちが今後どうするのか。情報を掴んでいくしかないですが、何とかして
うちや、みなしごさんに相談が行くように持っていきたい。それが唯一の心配事です。

 取り急ぎ、保護し残した子達の最終チェックまでのお話でした。




 さて、話はガラっと変わって那須ハイランドパーク。

まだご存知の方も少ないと思いますが、那須ハイランドパークでは昨年より、保護犬の譲渡活動が
始まっています。実は、監修は西那須野いぬねこ里親会がさせて頂いてまして、避妊去勢や基本
医療行為も当会が行っています。行政との間で色々手間取ってしまい、中々保護数を増やすことが
出来ませんでしたが、ついに先月より本格始動!となりました。

 当会と、譲渡条件などはほぼ同じになっています。これから犬を迎えようという方、ぜひ
那須ハイの譲渡活動も覗いてみてください!!

 那須ハイランドパーク保護犬譲渡活動(SOS活動)

 リク君、去勢手術後の様子。
nh1.jpg

 保護数を30頭くらいまで増やす予定とのことです。
これから入ってくる子達も、皆センターに収容された子達です。
会社をあげて、熱い情熱!を持って、頑なに「利益を出さない活動」として取り組んでおられます。
経験はまだまだ浅いので、至らない部分もあるかと思いますが、当会も一所懸命バックアップ
していきますので、那須ハイ犬譲渡活動をよろしくお願い致しますヽ(*´∀`)ノ
スポンサーサイト

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

6月17日の里親会


17日は曇りの予報でしたが、ちょこちょこ太陽も出て

梅雨の晴れ間といった感じのお天気でした


犬猫共に、会いに来て下さった方はいらっしゃったのですが

結果的に猫のトライアルは決まらず

後日、犬の郁&舞姉妹のトライアルが決定いたしました


参加犬は郁と舞のみ

ee-78.jpg


参加猫達…

今の時期、仔猫の保護が多く

たくさんの仔猫達が家族との出会いを待っています(もちろん成猫たちも)

ee-80.jpg


ee-81.jpg


まだ会場に慣れず、ビビリ気味

ee-82.jpg


美形なすみれ君も

ee-79.jpg


大きくて可愛いチャチャ丸くんも…みんな新しい家族を待っています

ee-83.jpg



この他にも、里親会には参加せず

預かりボランティアさん宅やシェルターで、ご縁を待っている子たちもいます

詳しくはHPをご覧ください


西那須野いぬねこ里親会HP


それでは、次回の里親会も、どうぞよろしくお願いいたします


      ムー



6月10日の里親会

簡単更新になります。

雨の降り続く中、たくさんの方々がお見えになりましたが、
ご縁は有りませんでした。

今年は猫の保護が続いています。
順次里親会にデビューしています。

犬猫を家族として迎えたいとお考えの希望者様お待ちしています。


この日ご支援、ご寄付をお持ち頂いた皆さん
ありがとうございました。

明日17日の里親会もよろしくお願いします。





マロ、お届&正式譲渡報告


マロは野犬として生まれ育った子です
ある日、集団登校中の小学生に吠えたという理由で市役所に苦情の連絡が入り
職員に捕獲され、殺処分されることに…
野犬はよっぽどのことがない限り人間には吠えません。
むしろ身を潜め、ひっそりと生きています
ただ吠えたという理由で殺処分される・・・とても悲しい現実です。
 
幸いマロは殺処分を免れ、保護主宅で家庭犬としての暮らしを学びながら
毎週の里親会で徐々に人間にも慣れ
ちょっとビビりなマロを迎えて下さる里親様を待っていました
そして待つこと数ヶ月
ついに、マロにぴったりな里親様とめぐり会えたのです!
 
里親様は長いこと犬を飼いたいと思っていたそうです
里親会のHPでマロに一目ぼれし、娘さんと会場に来てくださいました
そして次の週にはご家族+里親様のご両親まで揃って!
会いに来てくださり、ここで正式にトライアルが決まりました
 
お届けの当日、里親のA様宅に到着すると雑草一つ生えていない
頬ずりしたくなるようなきれいな芝生でいきなりのオシッコと下痢気味のうんち!
こんなきれいな芝生になんてこと~!💦💦
 
ご家族皆さま外で待っててくださったのに、いきなり・・・
きっと知らない場所に連れて行かれて緊張したのでしょうね。
 
気を取り直してさっそくご自宅へ。
 ee-57.jpg

脱走等に十分な注意が必要なマロのため
クレートやダブルリード、ショルダーリードをご用意頂くようお願いし
それらすべてをご用意下さった上でのお届だったので、とても安心でした
ee-51.jpg

首輪とハーネスは娘さん達が選んでくれた和柄調です。
マロ、青い首輪も似合うね。
 ee-50.jpg
 
初日は夜泣きはしませんでしたが、ご飯は食べなかったそうです。
ですが、徐々にマロなりのペースで慣れていったそうです。
ee-52.jpg

ee-53.jpg

以下、里親様から頂いたお写真です

リビングでくつろいだり
(ここがマロの定位置だそう☆)
ee-54.jpg

自分からお腹をだして甘えたり
ee-58.jpg

ee-59.jpg

いつも兄弟や猫の陰にかくれておどおどしていましたが
マロだけに愛情たっぷり注いてくれる里親様に巡り合えて本当に良かったね、マロ♪
 
A様、マロを末永くよろしくお願いします。

   
       とみづか
 

6月3日の里親会

とても良い天気に恵まれた里親会。

この日、ご縁はありませんでしたが、
先週 はるばる遠い県から太陽君に会いに来場された方とのお見合いの結果、
トライアル決定しました。

20180603111319_p.jpg 
太陽君を気にして保護されたスタッフ Tさん、
預かりをお願いして快く引き受け 太陽君をピカピカに輝かせてくれた Mさん、
皆さんの頑張りが太陽君の里親さんに結びつきました。
ありがとうございました。



ここ1~2週間、生後2ヶ月過ぎた子猫たちが里親会デビュ―していますが、
子猫の場合には成猫の譲渡条件に少し追加の項目があります。
ご理解よろしくお願いします。

20180603130724_p.jpg 

20180603130655_p.jpg 

子猫を保護した人、それを預かって育ててくれたスタッフの人たち、
離乳前の乳飲み子には、その子の大きさによってそれぞれの時間ごとにミルクを飲ませなければなりません。
自分の睡眠時間を削り、真夜中に何回も起きての授乳。
下痢など具合が悪い時には通院して治療を受けさせたりもします。
そんな皆さんの頑張りを無駄にはできません。

子猫の保護に関わった人たちの思いを、次の里親さんに繋げるための里親会。
参加している犬猫たちが、一生を共に暮らす本当の家族に巡り会えますように・・・
それだけがスタッフ一同の願いです。



今日参加した犬猫たちを、一部ですが紹介します。

20180603104826_p.jpg 

20180603104746_p.jpg 

20180603135158_p.jpg

20180603130814_p.jpg

20180603135250_p.jpg

20180603130444_p.jpg 

20180603130221_p.jpg 

20180603104306_p.jpg 


ご支援、ご寄付を頂いた皆様、ありがとうございました。
来週 6月10日の里親会もよろしくお願いします。


~~~お知らせ~~~

里親募集中の犬猫の中には、保護主さん・預かりさんの都合により
里親会に参加していない子も多いです。
その子たちとも会場で「お見合い」は出来ますので、会場でスタッフにお申し出いただくか、
里親会ホームページからお問い合わせをお願いします。

スタッフの  Tさんが、犬猫のご紹介カードを作ってくれました。
20180603131602_p.jpg 

会場の猫部屋の入口(外側、下部)にありますので、ぜひご覧ください。

20180603131518_p.jpg 

20180603131523_p.jpg 

                          
                              ちよだ





プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR