5月25日

 子猫祭りです(;´д`)、子猫保護の相談が連日連夜・・・とまではいかないですが、
ちょっと把握できないレベルまで来ました。預りボラさん、引き続き切実募集中です。

 水道工事
170516 (2)
 第2猫舎の洗い場が、外スペースにしか無かったので、室内へ引き込み工事。
スタッフTさんと大汗かきながら穴掘って掘ってようやく本管を発見!そこから分岐して
170516 (3)
猫舎の脇までさらに穴掘り、ピューっと行って、ニョキッと上げて、猫舎へズドン。
これで念願の、室内シンクが出来上がりました。男手が少ないうちの会において、
Tさんやグリーンの柵やカヨの犬舎やログハウス煙突工事してくれたMさんの存在は
ホントにありがたいね。 

 今日は、いつもの手術報告は一休みで・・・
170515 (3)
 白雲木(ハクウンボク)が満開。
今までで一番花がたくさんつきました!ちなみに、もう一本ドッグランの中に植えた白雲木は
みんなが毎日可愛がってくれて黄色い水あげてくれて枯れた(;^ω^)

 ウメモドキ
170524.jpg
 白雲木、ウメモドキ、カイドウ、トサミズキ・・・シェルターには下向いて小さな花咲かせる木
ばっかりだ。。。どうやら無意識に好きらしい。

 百日紅(サルスベリ)
170515 (4)
 今年も無事に芽が出てきました、今年はちょっと早いかな?
特殊な園芸種らしく、花がとても綺麗なので、夏に期待!!
その前に、アブラムシとの戦いだ(;´д`)

 モミジジャングル 
170515 (6)
 ケンの犬舎の大事な日除けになっているモミジ。
下手に剪定しすぎて横枝がいっぱい出ちゃって、アフロだ(笑)

 ケヤキ
170515 (7)
 ケヤキ好きです。
第2ドッグランの外周にもグルリと植えてます。
写真のケヤキは元盆栽。ケヤキと言ったら「箒立ち」ですが、こいつは盆栽の
形のままデッカクなっちゃった(笑)でも大切な、カヨ犬舎の日よけです。

 カツラ
170515 (9)
 こちらもカヨ犬舎脇のカツラの木。何年か前にグリーンにやられて
幹の皮が食われてしまいました。今でも痛々しい傷が大きく残ってますが、
もうちょっとゆっくり伸びてくれ~と思うくらい育ってます。
この木もカヨの周りに日陰をもたらしてくれます。

 手術室へのアプローチ
170515 (10)
 ヤマボウシ、夏椿、シャクナゲ・・・
たまに枝が危ない位置にあるので、夜に猫連れてくる人は気をつけてね(;^ω^)
今日は新緑のシェルターをテーマにしてみました。

 21日の里親会は、お客さん大入りでありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ
次回28日はそこまで暑くない、いい日和になりそうです。皆様ご来場お待ちしております!!

 鼻水チェリー
170520 (8)
 美容室帰りでご満悦、レオ爺
170520 (5)
 シェルターの様子は、ノリにノってる「シェルターブログ」をどうぞ(´∀`)
ここ本館のアップをサボリすぎで、完全に閲覧者数で食われてます(;^ω^)
でもそれでいいのですよ、嬉しい限りです。

 ご支援お願い!!

 猫ウェット、今日取り急ぎ買ってくる予定ですが、ほぼ底つき状況です。
ご支援頂けますと助かります、よろしくお願い致します。

改めて、シェルター1日のフード使用量(市販フードで全て賄った場合)。

 犬ドライ約1.5kg、ウェット1.2kg、歯磨きガム約20本。

 猫ドライ約4.5kg、ウェット約3.1kg。

 使用銘柄

ドライ-ピュリナワン・ロイカナ・サイエンスプロ他、ピュリナワン以上の品質が目安。   

犬ウェット-デビフ他国産。アニモンダ、アズミラ他   
猫ウェット-チャオ他国産なら何でも。アズミラ他


 今後共よろしくお願い致します。

 収支報告
もうすぐ4月分も上がると思います。
これからまた、夏の準備で設備費が掛かってきそうです、
引き続き、資金の方もよろしくお願い致します。

 
スポンサーサイト

5月12日

 
第二猫舎(通称ノラねこ部屋)のゴハンタイム
DSC_0042nnb.jpg
 フライングがひとりいる。
この部屋だけは個別給餌ではなく、大皿で。
なぜなら慣れていない子が多いので、皆で食べられるようにして、人間がさっさと
部屋から出てってやらないと食べ始められない子が多いから。
こうやって、慣れてる子が先に食べちゃう(;^ω^)

 顎骨に腫瘍
DSC_0026mk_20170512155932b0c.jpg
 15年前に保護した「みーくん」ちゃん。ここ半年以上、下顎が硬く腫れ、穴があいて
抗生剤が切れると膿が止まらず、だましだましやってきましたが、落ち着く見込みがないため
N先生にお願いして麻酔下で見てもらうことに。
 すると下顎骨から出てきたのは、右の汚い金平糖のような骨腫瘍(だと思われる)。

 ついでに歯石のクリーニング。左のは奥歯から取れた大きな歯石(;´д`)

 左下顎に大穴が開いてしまいました。
DSC_0028mk.jpg
 とりあえず、本人としてはかなりスッキリしたようです。
ただ、物を舐める時に、ベロがこの穴に落ち込んでしまうようで、最初の数日かなり手こずってました。
これが続くようならヤバイな、と思いましたが、上手いことベロを右へずらす事を覚えたようです、
めでたしめでたし。
 あとは、この穴に食べたものが詰まってしまうことがないかどうか、様子見です。

 腫瘍と思われるもの、取り切れてはいないそうです。
完全に取ろうと思ったら、顎を大きくえぐらないとならないでしょうね。
もしかしたら、下顎を落とすようかも。
それでも猫なら何とか生きていけます。
でもみーくん、推定16歳ですからね、そこまではしません。

 今年の子猫たち
DSC_0050oy.jpg
 年間700匹手術しても、まだまだほんの一部。
今年も産まれてしまった相談が続々来ています。
こうやって母子全員保護できればいいですが、常にそうはいかないのが現実です。
こうして保護できても、子猫たち全員育つとは、これまた限りません。
そして出産の度に、メス猫は命を削っていきます。
DSC_0046oy.jpg
 せっかく生まれたんだから、しっかり育ってよ。
DSC_0048oy.jpg
 母子共々保護出来た場合で、このように母猫が落ち着いているときは
避妊手術を急ぐこともないので、子猫たちが離乳したら母猫手術の予定です。
その方が、子宮も細く戻っていて、切開も小さく済みますからね。


 先週の日曜日、代表とみた不在ですみませんでした。
定例の一斉手術でした→ みなしご庵へようこそ

 中谷さんが書いてますが、卵巣取り残す手術やっている獣医がいるらしく、
その獣医に手術された子達が皆発情が来る、ということで開けてみましたが
見事に残ってました。某ペットショップの管理獣医らしいですよ、生体売買に加担しておきながら
いくら愛護みたいなことやったって、プラマイゼロにはなりませんよ。

 ご支援のお願い

 犬ウェット、ストックゼロになってしまいました。
おからのネコ砂グリーン、あと1箱になってしまいました。

 ご支援頂けますと大変助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

 
DSC_0043y.jpg
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR