ご支援お願い、子猫たち他

 今週も中々盛りだくさんの週でした。
子猫用フードのご支援、ありがとうございました。
とりあえずしばらく分は頂くことができました。
また必要に迫られた際はお知らせさせて頂きますので、よろしくお願いします。

 現在不足している物資は

犬用ウェット(デビフ他) 
猫用ウェット(チャオ等国産小缶、ホワイトフジ・タマの伝説等国産大缶)
成猫用ドライ(ピュリナワン)です。

 ご支援のほど、よろしくお願い致します。

平和なシェルター
DSC_03663hk.jpg
 箱から箱へ、ブリッジスリープ中の満子、ライチのおしり枕はプヨプヨで気持ちいいね(´∀`)
その満子の腕に手を絡ませ、あご枕はノア。

DSC_0346reo.jpg
 レオ、年取ってベロが出てることが多くなった(;^ω^)
DSC_0355sango.jpg
 あれ、こっちも(;^ω^) 珊瑚さん。

TNRの様子
DSC_0348tnr.jpg
 ほぼ毎日、ず~っと手術してますが(;^ω^)、終わる気配はありませんね。
栃木県央~県北~福島南部まで、様々な地域から依頼が来ます。
この地域は当会や、みなしごさんの一斉手術があるからまだ良いですが、
他の団体さんはホントに大変だろうな、と思います。
当会は手術室がありますから原則、捕獲当日手術です。
普通に協力病院に頼まなきゃならない一般の団体さんたちは、まず予約からですからね(´Д`;)、
費用も大変でしょうし。
捕獲からリターンまでの日数が掛かれば掛かるほど、普通の野良にはその分ストレスになります。

 ですが、全国の団体の方々、それでもやらなきゃ変わりませんから!
死ぬほど頑張ってくださいね!ヽ(;▽;)ノ うちも頑張ります!!!
DSC_0352tnr.jpg
 この日は4匹。夜中の2時半までかかっちゃったよ~(;^ω^)

子猫たち
DSC_0337knkt.jpg
 本部の白血病母とその子供たち。
先日書いた通り、母猫はもちろん、まだプラマイ不明な子猫たちも含めて
インターフェロン接種始めました。今日で4日目。~¥厳しいですが、やるだけやってみます。

 新、子猫シェルターの子達 
DSC_0304knkt.jpg
DSC_0309kknk.jpg

 1番小さい2匹兄妹
DSC_0266gknk.jpg
DSC_0313kknk2.jpg
 この子達の兄妹2匹は保護する前に現地で亡くなっています。
生き残ったこの子達だってこの状態。2匹だけでも保護できてよかった。


 現在、子猫4+2+1と、未手術母猫1が入っています。
詳しくは別ブログ「ねこまねきブログ」にて!!

 それでは、明日17日の里親会よろしくお願いします!

上の子猫、三毛と黒、デビュー予定ですヽ(・∀・)ノ
スポンサーサイト

7月3日の里親会 & 子猫の保護が続く

 週に一度のアップが限界ですみません(;^ω^)
アリナミンだの、ユンケルだの飲みながら何とかやっております。
お届け報告も溜まっちゃってるな~・・・だれか助けて~(笑)。
かなり少数精鋭!でやってます。ボラさん、捕獲部隊、随時募集中です。
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

 3日の里親会
DSC_0196sok.jpg
 今年は例年とは比べ物にならないほどTNR頑張ってる!
にも関わらず、やっぱり子猫の保護依頼、保護せざるを得ない現場が
後を立ちません(;´Д`)。一通り医療行為が済んだ、2ヶ月を超えた子達から
随時里親会にデビューしています。保護頻度が里子に出る頻度の5倍以上に
なってます(´Д`;)!!!里親になることも立派な犬猫愛護活動の一環です。
どうぞよろしくお願いします。でも、譲渡条件は甘くはないですからね、悪しからず。 
DSC_0194knk.jpg
 会場でもリラックス~な子猫たちヽ(・∀・)ノ
DSC_0189sabu.jpg
 留守が6時間以上になるお宅には子猫は出していません。
成猫が安心です。上のサブとハナピンちゃんもとってもいい子達です。
DSC_0190pacchi.jpg
 パッチ。前回の記事の、「ひかえおろ~!!」のパッチ。
落ち着いた、とにかく問題のない子を迎えたいという方はパッチなんか超オススメ。
DSC_0188kin.jpg
 ワンコたち。初参加の頃はビビって兄妹3頭で固まってたチロたちも、
こんなに堂々としてきました!ギガちゃんは正式譲渡決定!早くお届け報告書かなきゃ。

それではとりあえず、
次の10日の里親会もどうぞよろしくお願いします!!


 続々と、子猫、母猫の保護が・・・
1467705383291knk.jpg
DSC_0178knkc.jpg
DSC_0203knk.jpg
 このケースは母猫と子猫5匹。5月26日生まれ。
生活保護を受けているという餌やりさん。
それでも出産してしまった後、自費で母猫の避妊をされました。
もちろん車がなく、里親会への参加は厳しい。
引取りを断ってしまえばどうなるか・・・
個人間譲渡、いわゆる「子猫欲しい」「もらってもらった」では、行った先で
手術してもらえることも稀。終生完全室内飼いも夢となることが多いのです。

生活保護を受けていると、出費に色々制約があるようですが、それでも

「最低限の支援(引き取り料)くださいよ!」

鬼の代表とみたです(笑)

 母猫
DSC_0181oks.jpg
 めちゃめちゃ人馴れしています。この子も元は捨てられた子でしょう。

     ・・・・・白血病陽性でした・・・・・

餌やりさんが、「前回産んだ子達は皆ダメだった」と言ったのを聞いて、
もしやと思いましたが。。。

 これからインターフェロン打っていきます。
お母さんは陰転するかもしれません。
でも、子猫たち垂直感染していたら・・・・・

 ダメもとで全員にインターフェロン打っていきます!
でもやっぱり、子猫たちは早くに見送らなければならないのかもしれません。。。
でも諦めて後悔するよりは、頑張って悲しんだほうがマシだから!!

 インターフェロン、仕入れでも「ぼったくりじゃねえの?」って思うほどの値段です(;>_<;)
現在、接種中の子達が既に8匹。。。そしてこの母子たちが加わり・・・
とにかく資金が必要です。ご協力いただける方、どうぞよろしくお願いします。

 また新たに子猫シェルター(´Д`;)
DSC_0234knk.jpg
 この子たちの餌やりさんも、母猫だけは自費で避妊を済まされてました。
2回の出産の後、ご自分で病院へ連れて行かれました。
最初の出産の子が既に先月産んでおり、その子らも保護しなければなりません。
保護したら、そっちの母猫のTNRも待っています。
どうしても、増えてくる危機感が高まらないと動いてくれない方が多いですが、
こうやって、まず最初の1匹からでも自費でやってくれただけ心ある方です。
DSC_0235knk.jpg
 どうしても保護場所が無くなり、スタッフの家のプレハブを無理言って接収(笑)

 『相談があるんだけど~・・・聞く前に「いいよ」って言って!』 と言ったら
「いいよ」と言ってくれました(笑)。なんという慈悲深さ゚(゚´Д`゚)゚
DSC_0238knk.jpg
 受け入れ第一弾3匹。受け入れ当日ですが、皆落ち着いていて何より。
うぇるかむチュールを食べる子猫たち。
皆、典型的な猫風邪ですが、こんなの治せばいいさ!


 お願い!!!!

このような状態になり、さらにこれから3腹(たぶんそれ以上)の子猫たちを
保護せざるを得ない状況になります。子猫用フードが足りません。

ドライ

ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット 及び キトン成長後期の子猫用

ウェット

 ロイヤルカナン離乳期用・子猫用 
 チャオ子猫用
 カルカンパウチ 子猫用
 デビフ離乳食 等


 以上、緊急でご支援頂けますと大変助かります。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR