猫ドライ ご支援のお願い

  猫用ドライ、ストックが底をついてしましました。
1~10歳用、11歳以上用ピュリナワン、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
ロイヤルカナンも使用していますが、そちらは直接購入しています。
資金のご協力も合わせてよろしくお願いします。

 現在、シェルター猫85匹、犬13頭。その他預かり家に数十匹在住です。

 シェルターにて、猫ドライ約5kg+ウェット約3.2kg/日

            犬ドライ約3kg+ウェット約1.9kg/日 使用しています。

当会は、行政・救援本部等、何のためにやっているのかさっぱりわからない機関からの
助成、支援は一切受け取らず、皆様からのご支援のみで活動しています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 ボランティアさんもいつでも募集中!
160523 (6)
 はっちゃんの里親Tさん、ご夫婦でいつも来てくださって、ご主人は代表とみたに
コキ使われて暑い中、外回り作業(;^ω^)。この日は日よけのUVシート張りなど。
カヨの家の屋根(透明ポリカ)の上にUVシートを張りました。これで夏も安心。

 先日はチハの里親Gさんご夫婦が草取りボラに来てくださいました。
あまりたくさんの犬猫がいる中での作業は自信がないという方も、草取りや
外回り作業など色々あります、お問い合わせください。
 
 A君
160524 (1)
 スタッフSさんちのA君。最近まで一人でドッグランに入るのを怖がってましたが、
今ではランの6頭の、良い遊び相手になってくれています。
※右端に見えるのが、UVシートが張られたカヨの家の屋根!
160524 (6)
 ・・・・どういうジェスチャーなのかは不明(笑)
 シェルター、ベランダから撮影。

160521 (3)
160521 (8)
160521 (4)
 遊んでやってるのか、遊ばれてるのか・・・
まあ、楽しそうだからOK! o(^▽^)o!

 同じくベランダより、第二猫舎
160524 (4)
 ベランダから見ると、ドッグランは東側、第二猫舎は北側になります。
先日頂いて組み立てた犬舎は第二猫舎にくっつけて、一部分フェンス越しに
猫たちとも交流できる感じにして、ハナの新居に。
林と猫舎が西日をしっかり遮って、朝日はシェルター母屋が遮ってくれます。
それでいて風通しのいい所、夏場にはもってこいの場所。
 でも、日中の高い日射はどうにもならないので、
猫舎、外庭部分の屋根にもUVシート、とりあえず土嚢で押さえて位置決め。
ハナの日よけもUVシートも、ちょっとした風でこれです。早くしっかり固定しなきゃ。

 UVシートは高価ですが、手軽で、かなりの紫外線対策、温度上昇抑制効果が
あって、毎年、本当に重宝しています。

 ガナッシュ・ショコラ「風が気持ちいいね」
160521 (1)
 あれれ・・・何かいる?
160521 (15)
160521 (14)160521 (13)160521 (12)
 ちょうど、その場羽ばたきしました
 この辺は、キジがたくさんいます。キツネや狸も。この環境を守りたいですね。
県北に限ってか、どんどん林が更地にされ、太陽光のパネルで埋め尽くされています。
金・金・金・・・・

 グリーン!仕事が溜まってるぞ!!! (笑)
160523 (3)
 グリーンが10頭くらいいたら、草刈りしなくても大丈夫なほどになるのかも
しれませんが、1グリーン(笑)ではとうてい無理なので、まあ、おいしいとこだけ
食ってもらって、短くしておいてもらうと草刈りも少し楽になるので、まあ人と
グリーンで共同作業って感じでしょうか。

 引っ越ししたハナ
160522 (3)
 どうしても他の子に「ガワワッ!!」っと唸りかかってしまうハナ。
今までは独りで玄関先にワイヤー係留+低フェンスで暮らしていましたが、
歳をとって、ワイヤーが足に絡まったりして可哀想で、一度は老犬部屋に
合流させましたが、やっぱり「ガワワッ!(# ゚Д゚)!」で、そんな時、ちょうど
高フェンス犬舎を頂いて、入れてみたら、今までより広いし、ワイヤーは無いしで
ハナ、かなりストレスが減ったようで、なんだか散歩も足取りが復活した感じ。
 
 ・・・散歩中、砂場に犬を入れるのは、ホントはやめましょう(;^ω^)・・・・

 ご飯恋し。。。
160526 (5)
 ゆず、おかわりアピール?空のお皿を枕にしてみたらしい。
3月で15歳になり、やはりだいぶババくさくなってきて、耳も遠いですが、
幸い、食欲だけはいつでも旺盛。ブリーダー遺棄の子らの特徴でもあるんですが、
とにかく食事になると興奮が止まらない。不幸なことではありますが、今は毎日きっちり
食べられる幸せを、しっかり噛み締めてくれて・・・るかな?

 子猫保護の相談
160525武藤家 (2)
 ↑「くき」(旧へちゃ)の里親さんからTEL。
子猫を保護したとのこと。
160525武藤家 (1)
 典型的な、目やに塞がり。
 ゲンタ+フルオロ混合点眼薬を渡して、頑張ってケアしてもらっています。

 里親さんが、こうやって見て見ぬふりをせずに優しく頑張ってくれると、とても
うれしく感じます。里親会の活動として大きな柱の一つは啓蒙活動です。
特に、里親になった方々には、動物の問題を放置する人になってほしくない。
それをされてしまっては、私たちの活動の意味は何なの?ということにもなってしまいます。

 当会が、まず先住犬猫の飼い方に問題がある場合や、
「外に来る猫にTNRせず餌をやっている」などの問題があるお宅には譲渡の前に
問題をしっかり解決してもらっているのはそのためです。

 「かわいい子が飼いたい!」「自分ち子バンザイ!」になってしまう気持ちも
分かりますが、保護団体から里親になった以上、できるだけ広い視野で
動物たちのこと、考えてあげて頂けるよう、私たちも啓蒙活動を頑張って
行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

 ちょっと話がずれました、上の白黒君の他に捕まらない兄妹子猫が3匹と
母ねこがいるようです。近日、全員保護&母TNRする予定です。
預かりボラさん、登録いつでも受付中です、よろしくお願いしますm(__)m

 代表の自己満足のコーナー
160523 (4)
 ↑ガマズミの花が咲きました。
ガマズミは一番好きな木の一つ・・・一番の一つ・・・おかしい日本語(笑)
とにかく好き(笑)。赤いおいしい実がなり、紅葉もとても趣ある美しさ(* ´ ▽ ` *)

 ハクウンボク
1605hub (1)
 エゴノキ科ですが、花も似てますがエゴノキとは違います。
ハクウンボク、「白雲木」です。5月前半ですが、花が満開になりました。
シェルター内では、少しずつ時期差で色々な花が目を楽しませてくれます。

 名前忘れた 
160526 (10)
160526 (1)
 先日も書きましたが、やっぱり今年は花がよく咲く!
今、バラのつぼみが膨らんできてます、枝張りも去年より全然いいので
今から楽しみです(*´∀`人 ♪


 それでは29日の里親会よろしくお願いいたします!

        会場でお待ちしてます!!


 
スポンサーサイト

茜丸、サマンサ訃報、15日の里親会他

 ちゃんとした記事を書くのがずいぶん久しぶりになってしまいました、すみません。
問い合わせと里親申し込みフォームの件、一件落着しました、どうもお騒がせしました
直接、ご迷惑をおかけしました方々、申し訳ございませんでした(;^ω^)

 とにかく、相変わらずの手術手術、日々の世話、そして色々な問い合わせ・・・、
ブログを書く気力が、どう絞っても出ず(笑)。
絞りかすを集めて、撮ることは撮ってた写真を何とか繋ぎ合わせて頑張って書いてみます。 
 
 最初に、訃報

茜丸ちゃん
160202t (7)
 今年2月に譲渡した茜丸。FIPを発症し、5月15日亡くなりました。
先日亡くなった「くまもん」のリンパ腫もそうですが、若くして不運な病気を発症してしまう子たち、
FIVやFeLVなどと違い、事前に発症の可能性がある程度把握できる病気とは違い、
運命としか言いようがありませんが、くまもんにしろ、茜丸にしろ、兄妹の中で最初に里親さんが
決まった子たちがこうなっていくことは、これも別の意味で運命なのかな、と思います。
 少しの時間だということを、その子も里親さんも無意識のうちに分かっていながら迎え、迎えられ、
だったんじゃないかと。
くまもんも、茜丸もとても幸せな一生を送ってくれました。
早くに亡くした里親さんには、1日も早く立ち直って、また次の子を迎えてあげてほしいです。
非情なことでは決してありません。愛情を待っている子たちはたくさんいるのです。

茜丸ちゃん、どうぞ安らかに。

 サマンサ
160510 (1)
 烏山のTNR現場で保護した子でしたが、状態が悪すぎて避妊出来ず、明らかに飼われていたことが
分かる人馴れ具合でしたがとにかく大量のシラミ、極度の貧血状態、骨皮ガリガリ、腎臓は推定末期の
腎臓病、いつ突然死んでしまうかも分からないような状態でしたが、9日間頑張って、最期の鼓動が途絶える
瞬間まで、腕の中で看取ってあげることができました。
160514z (3)
 なんとなくサマンサ(笑)、「サム」と呼ぶと、ふにゃ?っと小さな声で返事をしてくれました。
160514z (5)
 結構食べてくれる時もありましたが・・・
160510 (3)
 最期の日、ほとんど意識も無くなって。
抱っこであいさつ回り、グリーンにも、バイバイね。
160518s (3)
160519sms (3)
 TNRの現場で状態が悪くてどうしても戻せない子はこれからもたくさんいることでしょう。
こればっかりは、どうにもなりません。こういう子たちのことを気にしてくださる方、最期の数日か数週間か
分かりませんが、看取るということをボランティアとしてやってみませんか。私たちも大変助かりますし、
何より当の猫にとって、シェルターより落ち着いた環境で、最期穏やかに暮らせることは大変意義があります。

サム、次に生まれてくるときは、サムのこと絶対に捨てないおうちに行きなよ。

5月15日の里親会
160515t (1)
ベッポのブログの方にもすでにスタッフベッポムーが書いてくれてますが、
15日から子犬3兄妹デビューしています(o‘∀‘o)*:◦♪
160515t (15)
 ちょっとビビりですが、会場でもがつがつ昼ご飯を食べることができるし、これから
色々なことを経験して、いい子に育ってくれる子たちだと思います。
詳しいことはぜひ明日の里親会に会いに来て、スタッフにお尋ねください。

 座布団・・・
160514z (7)
 口内炎の猫たちの部屋で使ったクッション、洗濯してもシミも取れなくなって、
穴も開いたのでドッグランのおもちゃに。
おもちゃにするには根性がな無さ過ぎた(笑)

 ダイゴ郎
160516h (25)
 相変わらず、とにかく明るいダイゴ郎
 でもなぜか全然ご縁がありません(T_T)
 去勢も済んで、ドッグランにもデビューしました。誰とでもほんとに仲良く(しつこい?)
遊べるダイゴ郎君を、どうぞよろしくお願いします。

 つくし
160516h (2)
160516h (3)
 ドッグランの女番長「つくし」
普段はいい子なんですが、どうもケンカの口火を切る癖があり、犬たち多頭のケンカは
時に大けがになるので、つくしはランから出して単独生活に。犬の多頭保護は猫よりも
気を使います。
 これによって、つくしは毎日の散歩が必要になりますが、ドッグランの面々、珊瑚・チャー・
クレイ・マレスケ・ケイ・ダイゴ郎はピリピリせず、とても穏やかに暮らせるようになりました(;^ω^)
犬は、配置がうまくできるかどうかで、保護活動がうまくいくかどうかが決まります。

 だってぇ・・・・
160517kin (5)
 先日頂いたばっかりのリードをアグアグぶっちん
 「だって、暇だったんだもん(# ゚Д゚)!!」

 第二猫舎、皆だいぶ落ち着いてきました
160514z(6).jpg
 人に慣れてない子がほとんどの第二ですが、ほぼ皆、新しい環境には慣れて
1m以内に近寄らなければリラックスしてデロ~んと日向ぼっこしてるようになりました。

 モネ
160512f(10).jpg
 ブルー君
160512f(9).jpg
 こちらは人大好き、ムギ君と寝子
160518s(2).jpg
160512f(15).jpg

 フェンスの外では
160512f(11).jpg
 除草作業員グリーンがせっせと仕事中💦
好き嫌いが多いのが玉にキズ(;^ω^)、怒ると逆ギレして振りかぶって頭突きをしてくるので・・・
わがままな作業員には困っちゃいます(;´Д`)
 
 働け働け~!!
160519sms (7)
働かざる者食うべからず!

 食事監視員リキ
160515t (4)
160515t (2)
 「ちゃんと食べろ、残したらオイラにくれ。」
緑内障で、今年に入ってからは完全に視力を失ったリキ。
家の中と外のミニランを行ったり来たりの、のんびり生活。

 ミカとレン兄妹
160513k (6)
 風呂場の小窓はみんなのお気に入りスポット。
レン君が変な格好で外を眺めていたのでパチリ。

光とそよ風。。。
160512f (17)
 このスペースも、代表手作りの木製柵が少し傷んできたので、壊れて脱走!なんてなる前に
やり直しを考え中。どうせならもう少し広く、金属フェンスでさらに風通しよくしようかと企み中。
そうなるとまた諭吉に羽が生えて集団で飛んでいきます。今後とも変わらぬご支援をよろしく
お願いいたします。
 今、スタッフOさんが収支報告を作成してくれています。毎月たくさんのご支援を
頂いて有り難い限りですが、それでも、どう転んでも毎月赤字になてしまいます。赤字分はスタッフが
自腹補てんしています。なので、赤字自慢になるだけだし、法人格はないので作成の義務は
ないので、あえて世話の時間を削ってまで収支報告を作ることはしませんでしたが、自分たちでも
毎月どれだけ赤が出てるのか、正確なところが分からなかったので、ちゃんと出してみようかと
思いまして。あと、赤字自慢も支援増に繋がるかも?というやらしい気持ちも(笑)
近日アップします。

 アミ君ラミ君
160505al (1)
 アミ・ラミ含め、白血病キャリア~ズ、みな元気です。
アミ・ラミ、歯周病で口がくっせぇけど(笑)、よく食べ、よく遊び、よく甘え、とにかくいい子。

 大歓迎
160515t (7)
 今、里親会に子犬3頭連れて参加されているMさんから(*´∀`人 ♪
おい、おまえらんじゃないぞ!
いや~美味かった(* ´ ▽ ` *)、二日で飲み切らせて頂きました。
普段、カインズオリジナル第3のビールしか買えない我が家。
こんな差し入れなら大歓迎♡

 ロン
160516h (12)
 キキ
160516h (13)
 ラヴィ
160516h (14)
 チューバ(笑)
160516h (16)
 仲良し~ズ
160517b (2)
 西那須野いぬねこ里親会シェルターは、今日も平和です(;^ω^)

 最後にトコさん
160519sms (4)
 みんなあたちのことチュンレレ(ツンデレ)ってゆうけど!
160519sms (5)
 ほんとのあたちがち(知)りたかったら、あいにきてみて~

緊急のお知らせ

 リニューアルしたHPですが、里親申し込みフォームと、問い合わせフォームが
記入して送信していただいても、こちらに届かない状況になっているようです。
現在、原因を調査中です。

 大変ご迷惑をおかけしております。

 リニューアル後にお申込み、またはお問合せいただいた方、お手数ですが
再度 tomyshouse@hotmail.co.jp までご連絡いただければ幸いです。

 確認不足で申し訳ございませんでした。

 取り急ぎ、お知らせ致します。

      代表 とみた

明日の里親会もよろしくお願いします!

 本日は、第二猫舎へ向かう道の舗装の前段階として生コン敷くところの
整地をSご夫婦が頑張ってくれました!土木作業、大変お疲れ様でした(^o^)丿
頑張る二人の写真撮っとけばよかった(;´・ω・)、すっかり忘れました。 

 先週の里親会は検討4匹、近頃になく具体的進展のある里親会となりました。
里親会の模様は、ベッポのブログの方で。

 子猫たちの預かりの一軒、ブログにアップしてくれています。
ネコマネキブログ 

 デビューはもうちょっと先になりますね。
4兄妹だったようですが、2匹は保護時すでに亡くなっていました。
生き残った2匹、とてもすくすくと育ってくれています。

 できれば母も一緒に里子に出してあげられれば、という感じです。
今まで一切家内に入れてもらうこともない、いわゆる無責任エサやり現場の子
だった子ですが、室内にもすっかり慣れて、とても穏やかなお母さんです(*'▽')

ご支援願い

 なかなかアップできずすみません。毎日毎日TNRが続々、止まることなく・・・(;^ω^)
捕獲されたはいいけど、状態が悪すぎてRできない子も立て続いて、終生で受け入れざるを
えなかったりして、結構ばたばたしております。
 取り急ぎ、成犬・シニア犬用ドライ(ピュリナワン、プロプラン、ロイカナ)、ウェット(デビフ)不足
してきております。ご支援いただけますと大変助かります。

 よろしくお願いします。

 この記事は、次記事アップの際に削除します。

新猫舎への引越し完了!!

先日も手術した子の中に出産後1週間くらいの♀あり。
キャリーでの捕獲だったので腹が見えず、麻酔をかけてから乳首の状態が分かってガックリ。
スタッフちよだが子猫の搜索もしましたが見つからず。。。
こういう場合でも、とりあえず避妊はして、早めにリターンしてあげるのが
1番良いとは思いますが、やっぱり内心ヒヤヒヤしますね(;´Д`)

 母猫は翌朝リターンしました。体温が下がるほど寒い季節や場所でなければ
生後1週間も経った子猫は1日くらいは耐えられます。母猫も、避妊したからといって
乳が出なくなるとか、授乳しなくなるとか、そんなことはありません。
 
 子猫たちが育ったら、また餌場に連れてきてくれることでしょう。
DCIM0012thr.jpg
 別の場所で子猫保護の現場がまた増え、保護中乳飲み子+3。
子猫総勢11となりました。全員無事育ちますように。。。

 食事中のグリーン越しに、第二ドッグラン、その向こうに新猫舎
160502l (29)

 全員の引越し(入居)終わりました!!
160430i (2)

 ここはどこ!!??((((;゚Д゚))))
160427 (3)
 新猫舎に放した直後のチビシロクロ君。
パニくって変な場所で固まっちゃいました(;^ω^)

新入り用のケージ
160502l (7)
 新猫舎、現在20匹。姿が見えるのはいつも数匹(笑)
160502l (5)
 人馴れしている子は3匹しかおらず、他は全然です。
無理やり慣らす気もありません、どうしてもリターンできなかった現場の子達、
今まですりガラスで外もよく見えなかった部屋で保護してきたので、これからは
外の風も浴びて、のびのび暮らしてよ。
160502l (6)
 なるべく入らないようにしてあげたいけど、水とご飯と掃除は毎日どうしても入らなきゃ
なりませんからね、高いところと隠れる箱をとにかく沢山置きましょう。
160502l (12)
 人間は好きじゃない!でも見下ろしてれば少し安心ヽ(*´∀`)ノ
160502l (13)
 
 アロー君も「さっさと出てけよ!!」
160502l (14)
 
 モネさん、人間大嫌い!!(笑)
160502l (15)

 後ろから、デン君・たか子・チャービル・・・こちらもみんな人間大嫌い(笑) 
160502l (17)

 室内から外スペースを見る
160502l (9)

 もっともっとアスレチックを増やしていきますよ
160502l (10)
 あと、強い雨が降ると吹き込むので屋根をもう少し広げる予定。
そのくらい行くと、さらに快適になりそうです。

 ブルー君と、ムギ君
160502l (11)

 寝子
160502l (18)
 寝子とムギはとても人馴れしています。
とても快適そうに暮らしてます、共に白血病治療中。
160502l (19)
160502l (21)
 山砂のトイレもだいぶ慣れてきました
160502l (23)
 室内にも、今まで使っていたおからの猫砂のトイレを置いています。
できれば皆、外トイレでしてくれれば管理は楽になりますが、今のところ半々。
まあ、荒天の日もあるし、中でしたいときもあるでしょうから、そのまま使う予定です。

 全員の入居が済んでから数日。だいぶ落ち着いてきました。
DCIM0017nn.jpg
 食餌も良いペースで減るようになり、シメシメ( *´艸`)
皆、新しい環境に慣れてガツガツ食うようになったぞ!
まあ、同じメンバーでごぞっと引越しだったので慣れるのも思ったより早かったです。

 これでシェルターに本部の子全員82匹揃いました。
今後共、応援よろしくお願いいたします。

 取り急ぎ、猫ドライ残約40kg、ウェット残5日分ほどになっています。
1日あたり、ドライ約5kg、ウェット約3kg使用しています。
継続してご支援のほど、よろしくお願い致します。

4月29日のTNR(一斉手術)

 4月29日昭和の日の一斉手術。
詳細は中谷さんのブログ「みなしご庵へようこそ」にてどうぞ。

 うちで23匹(+乳飲み子10匹)捕獲して、みなしごさんで4匹とか書いてますが、
うちが初日に行って、捕まえやすい子らを入れ食い状態で保護出来たということであって、
別に、うちがみなしごさんの6倍捕獲が上手いということではありません(笑)

 まあ、確かにうちの捕獲特攻隊長ちよだは、栃木ネコ捕獲選手権でもあったらきっと1位(笑)


160429t (9)

 スキマから入れる建物の地下倉庫
160429t (12)
下に~、下に
160429t (11)
猫の生活、子育て場所としてはかなりの好環境
・・・床はウンコシッコだらけですけどね・・・
160429t (10)
 もう殆どのメスは生んでしまった後でした(TNR済み)。
 かろうじて堕胎が間に合った子は、1匹だけでした。
 成猫30匹まで増えてしまっていた現場でしたが、この段階で何とか止められただけでも
おんのじでした。
 まだまだ栃木では、産ませたいとか、増えてもらったほうがいいとか、頭が何十年も前の
考えで止まっちゃってる人たちがたくさんいるのが現状です。モノ扱い、使役動物扱い、
ぬいぐるみ扱い、少なくとも命ではない扱い。もう、放っておくしかない現場も正直なところ
あります。代わりに当事者が協力的な現場、説得に応じてくれた現場をきっちりと、
取り残しなくこなして、少しでも余生を健康に暮らせる子達を増やしていく、これしか
ないのです。


 西那須野いぬねこ里親会の手術室近況
DCIM0004tnr.jpg
 毎日2匹ずつくらいのペースで手術は続いています。
こちらは幸い、まだまだ妊娠猫が多く堕胎してあげることができています。
上の子も大きな堕胎(5体)がありました。「堕胎してあげる?えらそうに(怒)!!」とか
思った貴方。そもそも殺処分の現状も、野良で生まれた子達の厳しい生活も、上辺でしか
分かっていないのではありませんか?そもそも上の子の餌やりは、「生まれたら毎度どこかへ
捨ててくる」という人です。餓死や、何かの餌になる死に方が幸せですか?

 生んでしまった子達も
160430i (6)
 現在、生んでしまった母猫3匹、子猫総勢9匹保護中です。
母猫たちには2ヶ月間、一生懸命育ててもらってリターンします。
子猫たち、来月~再来月から順次里親会デビュー予定です。

 「何色がいますか?」「小さいうちにさっさと欲しい」的な問い合わせは
全部返信しておりません。色柄でしか判断できない人、早くに親兄妹と離すことに
何の抵抗も感じないようなひとには、うちは譲渡しておりませんので悪しからず。

 「妊娠胎児」と「生まれたばかりの乳飲み子」、どちらも命に違いありません。
しかし、保護できる数には限りがあり、また、出産を回避してあげれば母猫の負担を
減らしてその分長生きさせてあげることが出来ますので、堕胎は積極的に行い、
逆に一度でも外の空気を吸った子達はとことん幸せにしてあげる努力を惜しまず、
これがうちのモットーです。
 
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR