代表とみたより 本年もよろしくお願い致します

 大変ご無沙汰してすみません。
昨年は里親様、支援者様方々には大変お世話になり、おかげさまで
西那須野いぬねこ里親会も無事新年を迎えることが出来ました。
これからも行政や法人、各種団体からの助成金等は受け取らず、
一般の方々からのご支援のみで頑張っていくつもりです。
本年も変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。

 スマホからの写真のアップが出来なくなってしまい、未だにスマホで直接ブログアップが
できない私は、年始の多忙と相まってブログアップがすっかり滞ってしまいました(;^ω^)
アップしたい写真はたくさんあるのですが、今回は写真なしですみませんm(_)m

 昨年も当会手術室では750匹ほどの犬猫(ほぼ猫)の不妊去勢手術ができました。
あわせて、全国野良猫対策連合会のTNR一斉に参加させていただくこと14回。
ですがまだまだ悲惨な現場は無くなりません。年が明け1月になり、もうすでに数十匹
やりましたが、半分以上の♀猫は発情していました。これからまた堕胎をしなければならない
時期がやってきます。

 今年3日と7日の会津&栃木拠点TNR一斉の様子は、みなしご中谷さんのブログをどうぞ。

 年賀状、届きましたでしょうか?
里親さんと、昨年物資を送ってくださった方、支援金を頂いた方々のうち、ご住所が分かる
方にはお送りしました。物資支援の方の中には、あえて匿名で送ってくださる方、お名前
だけは記載があるがお住まいがわからない方がたくさんいらっしゃいます。
全て届いております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
出来ればAmazonからの場合はギフト設定にしていただいて、ご住所が分かるように
お願いしますね。

 7日の里親会お休みしてすみませんでした(;^ω^)
10日でとりあえず一段落着いたのですが、14日(日曜)も仕事になってしまい、
また里親会お休みさせていただくことになってしまいました。ホントすみません。
何か代表に御用のある方は、直接連絡頂くか、スタッフにお尋ねください。

 取り急ぎ、新年一発目このへんで。

                                    とみた
スポンサーサイト

11月24日

 永遠に続くのかな~と思うほど手術は続く。その分、殺処分数には確実に効果が出てますが、
相変わらず無責任な相談も多く、ため息の連続です。「助けてあげたい」から話は始まるものの、
里親を探したいなら自分で努力しなきゃならないことや、引き取って欲しいなら自腹切らなきゃ
ならないことが分かったとたん「考えてまた連絡します」で二度と電話は来ない。こういう人間も
永遠といるんでしょうね。
 先日は、久しぶりに当会手術室で麻酔から覚めずに亡くなった子がいました。どうしても
500匹に1匹くらいはどうにもならない子がいます。そういう子は、どちらにしても長生きできない
でしょうが、悲しいことです。この原因の一つとして、近親交配があるのではないかと思います。
責任を持って飼えてる人は皆必ず避妊去勢が当たり前で、産ませることなどありえませんが、
残念ながらしっかり飼えない人ほど手術を怠り、増やしていき、知らず知らずのうちに近親の子
を産ませています。
 とにかく避妊去勢を!!TNRビラ3000枚配り切ってしまい、さらに3000枚追加発注しました!
欲し方には配りますので言ってください!!


 ご支援物資について

 HPの「ご支援のお願い」欄に、物資ストック状況のグラフが出来ました。

 11月24日の状況


 なるべく頻繁にアップデートしていく予定ですので、そちらを参考にご支援頂けますと
足りないものが補充されて大変助かります。今後共よろしくお願い致します。


今日の写真は子ヤギメインでヽ(´▽`)/
171101 (1)
 9月27か28日の生まれとのことですが、僕と同じ28日ということにして(笑)
そろそろ2ヶ月齡になるキース君とマーサちゃん兄妹です。
トカラの血が濃そうなので、グリーン(80kgくらい?)ほどは全然大きくならないでしょうが、
2~30kgくらいにはなってくれる・・・かな?早く大きくなって、除草も頑張ってちょうだい!
171101 (52)
 小さくてカワイイカワイイも今のうち。
171101 (14)
 ホントになつっこくて、あ~カワイイ(笑)
171101 (43)
 おっ、かっこいいぞ!
171101 (48)
 で~ん!何か偉そう
171101 (51)
 いっちょまえの飛翔形態、小さくても、さすがヤギ。
171101 (7)
 向こうにはグリーンおじさん。
171104 (2)
 犬も全然平気で寄って行っちゃうから注意。
171123 (2)
 猫とも平気、猫ベランダ脇を通るたびに猫たちと鼻でご挨拶してます。
キースは猫よりはだいぶ大きくなりました。マーサはまだまだ猫サイズ。
171123 (1)
マユさん。「一緒にあそぼーよー」って感じでしょうか?
今思った、今度キーとマーここに入れて猫と一緒に遊ばせてみよう( ´艸`)
以上、アイドル状態の子ヤギたちでした!

 レオ16歳とショウ3ヶ月、一緒にご飯を。
171116 (1)
 ショウ君、完全に食欲が廃絶してましたが完全に回復しました。
毎日食い過ぎで腹が左右にパンパン、妊娠してる?(笑)
とにかく2ヶ月超え~5ヶ月くらいまでは恐怖の期間。食欲なくなったら毎日毎日対症療法と
強制給餌で本人の生命力を信じて待つしかない。ほんと~に怖い期間(;´Д`)

 トンボ、左頬に腫瘍。
171106 (1)
 急激に腫れてきて、気がついた時には手術不可。
今はまだ食べれてますが、出血もひどく、日によっては血だまりが・・・
現在は抗生剤を止めて、プレとバソラミン(止血剤)を毎日注射して症状を抑えている状態です。
まだ11歳なんで、あと10年生きてくれていいんですが、苦しんでダラダラ生きるよりは、
痛みや苦しみなく、本人がもういいや、と思った時点でスっと逝けるようにサポートしていって
あげたいですね。


 それでは、明日の里親会でお会いしましょう!お待ちしています。

11月10日

 久々の代表とみた投稿です。皆が代わる代わる投稿してくれるようになって、
これでさらにTNRに注力できます!

 11月5日、みなしご栃木拠点TNR一斉 

 
11月7日、那珂川町一斉

 2日間で80くらいの子達の避妊・去勢ができました。
この時期の猫は、妊娠している子どころか、発情している子もほぼいないので、
手術がスムーズに進み、切開も小さく済むので猫たちへのストレスも最小限。
大きな問題のあった子は、子宮蓄膿、乳腺腫瘍が1匹ずつ、くらいでした。
写真などは、↑中谷さんのブログにてどうぞ。

 気になる子がいるあなた!春まで待たないで!一日も早く相談してください。

ご支援お願い

 物資が全般かなり厳しい状態で、ドライ、ウェット、猫砂と発注しましたが、
どんどん消費してしまうので資金的にも厳しい状況です。
ご支援頂けると大変助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

                                          とみた

10月14日

 ご無沙汰しました~
7日から11日まで、仕事でスコットランド出張に行ってました。
その間、夜の手術対応も全然出来なくてすみませんでした。
シェルターの方は、役立たず代表が不在と言えど、11名のスタッフが滞りなく
進めてくれてました。いつもお疲れ様です(;^ω^)

 出張前に16匹の現場のTNRを
DSC_0156e.jpg
 明らかに妊娠中の♀もいる現場だったので、急遽スタッフが捕獲に。
若♀1匹と、♂1匹を残して、14匹は出張前にTNR完了。

 代表の猫たちもシェルターに合流
DSC_0162e.jpg
 別場所で保護中で、世話をするのが僕一人だった子達。
世話人が5日もいなくなってしまうので、急遽、シェルターに合流させて
ほかの子達と一緒に、スタッフに面倒お任せ。
 ちなみに、手前がスキニー君、顔だけなのがタイニー君。
黒いのは、うるし君と、とばりチャン。 

 そんなこんなで、その他現場もやれるだけ前倒しで手術を終わらせ、ドタバタのまま羽田へ。

 現地時間7日夜、エディンバラ到着。
DSC_0169e.jpg
 空き時間に街を散策。
DSC_0176e.jpg
 お城なんかも見てきましたが、どちらかというと町並みとか、小さい店、路地、
そういうところを見て回るほうが好きですね。あとはやっぱり犬猫には完全に目が行く(笑)
散歩されてる犬はいっぱいいましたが、ちゃんと飼われてるっぽい犬がほとんどでしたが
毛玉だらけな子もいました。住宅街に行く機会はありませんでしたが、基本、皆家の中で
飼っている感じでした。で、猫が全然いません。みなしごの中谷さんと田原さんも、今年
映画のPRでイギリス行って、外猫1匹しか見なかったと言ってましたが、ホントに全然いません。
僕は結局1匹も見ませんでした。やはり猫の飼い方や考え方は日本はまだ大分遅れてますね。

 こんなのもいて
DSC_0175e.jpg

 昼食をとりに地元のマーケットへ
DSC_0181e.jpg
 こんなのも売ってたりして
DSC_0179e.jpg
 店主は日本人の方でした。

 やはりこんな店もありました
DSC_0182e.jpg
 売ってるものはビスケットのような手作りおやつ。

 まあ、スコットランド紀行は、ここでは関係ないのでこのくらいにしますが。
犬猫に関してはそんな感じで、あと、仕事場所が、見渡す限り丘と牧場というような場所
だったので、初めて働いている牧羊犬見ました。あれは何とかシープドッグてやつですかね?
ボーダーコリーのようにも見えましたが・・・血統種分かりません(;^ω^)

 そんな感じで・・・帰国。

 イギリス滞在中にも、シェルターの子達が、誰が調子が悪いとか報告を受けてましたが、
白血病キャリアの寝子が、出発前にコンベニアとデポメドロール打っておいたのですが
発症してしまい、完全に食欲廃絶してしまいました。
DSC_0195e.jpg
 13日朝、ホットタオルで体を拭いてもらっている寝子。
この日の深夜、僕が手術に掛かりきりになっていた間に静かに逝ってしまいました。

 11日夜に帰ってきて、12日に8匹手術、13日4匹、今日は何匹になるか・・・
体がガチガチで昨日の夜は右の股関節に激痛走りましたが、マッサージとか
行ってみたいんですが結局行く暇無い(´Д`;)。。。今日も鎮痛剤で済ませます。
明日は一斉手術です。。。

 というわけで、明日の里親会も、私は一斉手術で不在になりますが、
里親会は元気に開催します!!

 明日もたくさんの方々のご来場をお待ちしてます!!
よろしくお願いします!!!



 ご支援お願い

 ブログアップもままならず、お願いも出来ませんでしたが、フード類全般完全に
底をついてしまい、細々買い繋いでいます。ご支援頂けると大変助かります。

 猫ドライ:ピュリナワン他、成猫用8割、老猫1割、子猫1割くらいの使用状況です。

 猫ウェット:チャオ他

 犬ドライ:ピュリナワン他、成犬用7割、老犬用3割くらい。

 犬ウェット:デビフ他

 犬ガム:ペットキッス、ダイワオーラルケアガム

 猫砂はまだもう少しストックあります。フードの方、ご支援どうぞよろしくお願いします。

8月17日

 先週は、里親会お休みいただいて申し訳ございませんでした。
今週からまた通常通り開催しますので、奮ってお越しくださいませ。

 副卵巣
170811.jpg
 去年の2月に里子に出た猫♀が、避妊済みで譲渡したのですが、去年のうちに一度
発情様の鳴きが起き、一回は様子見してもらったのですが、今年も夏に明らかな発情が
起きてしまい、これは明らかにおかしいということで、お預かりして開腹したところ、
初めて見ましたが副卵巣がありました。

 副卵巣とは、ごくまれに持っている子がいて、元々は卵巣の近く、腎臓の脇あたりに肉眼で
確認できないほど小さく存在しているらしいのですが、これが避妊手術で卵巣を切除されたあと、
徐々に成長し、卵巣と同じようにホルモンを出すようになる組織です。

 今回の子は、左右の大きさにだいぶ違いがありましたが両方存在しました。
いや~、長くやっていると色々経験しますね。副卵巣は成長してホルモンを出し始め、
発情が起こらないと気づかないので厄介ですね。再手術は可愛そうですが、ちゃんと
切除してあげれば今後は発情なく、ストレスなく暮らせるはずです。

手術室より
170803 (1)
 いろんな子が来ます。この子猫は頭にポッカリ。
なんでこんな傷ができるのか、人の仕業だとは思いたくないですけどね。。。

 三毛姉妹
170816 (1)
 里親会参加中の三毛姉妹も手術終わりました(4ヶ月齡)
避妊去勢が終わると、また一つ安心感が増えます。
20日の里親会もいつも通り参加予定です、里親希望さんお待ちしてます。

 13日は一斉手術
170813.jpg
 定例のみなしご救援隊栃木拠点での一斉手術。今回も、犬猫併せて30匹位
だったでしょうか、毎月やっていても毎回こんな数が集まります。
当会の手術室の方も、毎日平均2匹弱の手術が続いています。
手術する必要がなくなるまで続けますよ!

 13日は、最後にでっかい腫瘍をぶら下げた犬の去勢と腫瘍切除。
写真はコチラで  「みなしご庵へようこそ」
 2kg近くある腫瘍の切除は出血との戦いでしたが、無事終了。
その後も元気にしているそうです。
あんな状態の犬を、何の処置もせず繋ぎっ放しで「飼っている」と言う。
これが栃木の現実なんですよね。。。。

 グリーン、すっかり元気に。
170809 (3)
 すっかり元気になりましたグリーンですが、ここのところの異常な雨続きで
草を食べにも行けず、うんざりしている模様です(;^ω^)

 チェリー
170815 (1)
 シェルターブログでも書かれてますが、チェリー、ドライのFIP疑いで高熱と神経症状
が出てしまい、起立不能の状態が続いています。毎日、解熱剤・ステロイド・抗生剤・
インターフェロンの投与、そして補液、強制給餌。今、症状は緩和してきていますが
今後はどうなることやら。
 ほとんど横になっている状態ですが、みんなが代わる代わる来て、こうやってベロベロ
毛づくろいをしてくれます(;^ω^)

 発症の数日前
170808.jpg
 こんな無邪気な格好で気持ちよさそうに昼寝。
猫の場合特に、症状が急激に来て急速に悪化、数日の経過を経て死に至ることが
とても多くあります。犬に比べても、悠長に様子を見ている暇が全くないという印象です。
裏返せば、すぐに的を居た治療を始めれば完治させてあげることもできる病気もあります。
猫の飼い主さん、何かおかしいと思ったら、その日のうちに病院へ。

 それでは、20日の里親会でお会いしましょう!!
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR