6月17日

 ローソンのエビチリチャーハンがツボにはまっています(笑)
いつも出来合いの弁当ばかりなので、小さな幸せ(;^ω^)
 昨日避妊した子の1匹は、腸の中に異常にガスが溜まっていて、
お腹の中を所狭しと占め、しかもおデブ。久々に天井に向かって「あ゛ーっ!」っと
叫びたくなるほど難儀な手術でした(´Д`;)、大きく切開してしまえば楽にはなるけど、
そこを小さな傷で行くのが我々流。

 気が付けばまた1週間のアップ放置。
先週土曜は那珂川町一斉、日曜はみなしご拠点一斉でした。

「みなしご庵へようこそ」

 子宮頸部に水腫プラス子宮角の「のの字」は、さすがに開けてビックリでした。
やっぱり中谷さんも言うように、子宮まで切除が安心だと改めて思いました。

 スコティッシュだかの子は、手足を縛る段階で、もう手足のイビツさに可哀想になるほど。
子宮は写真の通りで、硬すぎて頸部で縛れず、左右別々での切除にしました。
ちょっとごめんね、という感じ。
でも、ここまででも切除してあげられれば、残りの部分はさすがに問題なく退化してくれることでしょう。

 最近の里親会
DSC_0107s.jpg
 おかげさまで賑わっております。
先週は私は手術で不在でしたが、2匹トライアル決定でした!
DSC_0108s_2017061714465932e.jpg
 マル、一応参加中ですが、保護主さんが引越し先でペット可物件に決まり、
一緒に連れて行けることになりました!!マルにはそれが一番でしょうね。
マルのことを一番に分かってくれるのは、捕獲と手術をした僕らではなく、
いつも一緒にいてくれる保護主さんですからね。

 猫展示室
DSC_0109s_20170617144659c22.jpg
 つくづく作って良かった展示室ヽ(*´∀`)ノ
若干、棚が高かった(というか主に対応するスタッフちよださんが思ったより背低かった(笑))という
申し訳ないミスはありましたが、冷暖房完備、脱走防止で安心。
ただ見るだけ~の人は入れないので、動物園感覚の人にベタベタケージを触らるのの
防止にもなってます。

 明日の里親会も、皆様奮ってお越し下さいねヽ(´▽`)/

 しほちゃん
DSC_0117s.jpg
 シェルターブログの方では既出の「しほ」ちゃん。
しばらくのケージ暮らしを卒業して家庭内野良の時期を経て、みんなと食事が出来るまでに
なりました。まだちょっと数十センチ外れてるけどね~
DSC_0118s.jpg
 でもすぐに、真っ先に来てど真ん中で食べること出来るようになりそうです(;^ω^)
 また、新たな新入り(´Д`;)ハルちゃんも、シェルターブログの方でそのうちお披露目に
なると思いますのでよろしくどうぞ。

 もう新入りとは言えないスキニー君
DSC_0121s.jpg
 里親探し始める時には、性格欄には「ストーカー」の一言で十分だな(笑)
ベタベタ過ぎて、空気も読めない子ですが、そんな子でもいい!という方はお問い合わせください。


 ご支援お願い

 犬ウェットがあと数缶になってしまっています。
ご支援いただけますと助かります(_ _)よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

6月3日

 1週間が早い
最近の手術、昨日は堕胎もありましたが、殆どの♀が出産後の母猫という感じになっています。
今夜も出産後母猫2匹の予定。子供生んでから騒ぐんじゃなく、耳先カットされてない野良がいたら
手術してあげようかな・・・なんて人がもっと増えるように、啓蒙もっと頑張らなきゃなりませんね。
 中谷さんたちは今、映画のPRでロンドン。もともと犬猫の問題に興味のある人たちより、最近僕は
全然畑の違う人たちにもっとPR、せめて野良猫のTNRの現状、耳カットのことくらいは、もっともっと
知ってもらうこと出来ないかな~と考えるんですが、何か良いアイデアありませんかね(;^ω^)
 
 繁殖屋みたい
DSC_0086u.jpg
 朝から大雨で、老犬ズ、外に出せなかった日。昼に見に来たらゆずがウンコ漏らして
シッコ漏らしてその上に寝てる(;´д`)。ブリーダーの光景みたい(笑)
このウンコシッコを放置出来れば君も今日からブリーダー!

 晴れたよ、掃除の間、外にいて~
170601 (8)
 大雨でスッキリ洗われた老犬放浪スペース。
さすがに晴れが続くと匂いも出てくるので、たまの大雨はありがたい。

 ~問題発生~
170527 (1)
 氏家の協力者さんから、耳カットされてる猫だけど足ビッコ引いてるから見て欲しいと
言われ、捕獲された子ですが、パッと見疑いなく耳カットでしたが、未去勢でした(;´д`)
要するにただの怪我による耳割れでした。これ、困っちゃいますね(;^ω^)
耳先カットはとても重要で有用なものですが、こんなケースもあるので、
知らない子で、カットがイビツとか、ちょっとでも怪しい場合は念のため確認が必要ですね。
 この子の足は大きな外傷はないのですが、片足の腱が切れてしまっているようでした(´Д`;)
カラスにまとわりつかれながら外で暮らしていくのも可哀想だし、人慣れしてるので
里親探ししていくことになりましたよ。

 そしてまた子猫 
170528 (3)
 ε=(・д・`*)ハァ…って感じですが、母子一網打尽に出来たので良しとしましょう。
170528 (5)
 お母さん、避妊手術完了。
預り宅にて、その後、他人の子にまでオッパイあげてくれてるみたいです。
皆、しばらくしたら里親会デビューです。

 今年生まれの子達はまだまだデビュー日未定です。
2ヶ月齡過ぎて、十分にしっかりしてから、ゆっくりデビューです。

 というわけで、明日の里親会もいつもの感じの参加メンバーですが、
どうぞ皆様、ワイワイお越し下さいヽ(*´∀`)ノ

 シェルターのバラ
170601 (12)
今年もたくさん咲いてくれそうです、レオナルド・ダビンチ。
例年同様、ぜんぜん手入れしてないのに、健気だ(笑)

 てんとう虫の大量発生!?
170601 (13)
 ケヤキの木に、てんとう虫の幼虫と蛹がいっぱいいる!!
もしかして、今年はアブラムシに悩まされないで済むのか?とちょっと期待ヽ(・∀・)ノ

 思い思いに
170602 (2)
 のんびりと時間が流れるシェルターの昼下がり。
170602 (4)
 ロビン、よほど気分がいいみたい。

 口内炎部屋の今日のメニュー
DSC_0085s_20170603161304565.jpg
 もっと食べやすいお皿はないかと考えて、口内炎部屋用に、焼き魚皿を買ってみた。
高さ、角度、長さ、デコボコ感、かなり良い感じ(´∀`)
本日は、カツオとマグロの2色お好みでどうぞ。

5月25日

 子猫祭りです(;´д`)、子猫保護の相談が連日連夜・・・とまではいかないですが、
ちょっと把握できないレベルまで来ました。預りボラさん、引き続き切実募集中です。

 水道工事
170516 (2)
 第2猫舎の洗い場が、外スペースにしか無かったので、室内へ引き込み工事。
スタッフTさんと大汗かきながら穴掘って掘ってようやく本管を発見!そこから分岐して
170516 (3)
猫舎の脇までさらに穴掘り、ピューっと行って、ニョキッと上げて、猫舎へズドン。
これで念願の、室内シンクが出来上がりました。男手が少ないうちの会において、
Tさんやグリーンの柵やカヨの犬舎やログハウス煙突工事してくれたMさんの存在は
ホントにありがたいね。 

 今日は、いつもの手術報告は一休みで・・・
170515 (3)
 白雲木(ハクウンボク)が満開。
今までで一番花がたくさんつきました!ちなみに、もう一本ドッグランの中に植えた白雲木は
みんなが毎日可愛がってくれて黄色い水あげてくれて枯れた(;^ω^)

 ウメモドキ
170524.jpg
 白雲木、ウメモドキ、カイドウ、トサミズキ・・・シェルターには下向いて小さな花咲かせる木
ばっかりだ。。。どうやら無意識に好きらしい。

 百日紅(サルスベリ)
170515 (4)
 今年も無事に芽が出てきました、今年はちょっと早いかな?
特殊な園芸種らしく、花がとても綺麗なので、夏に期待!!
その前に、アブラムシとの戦いだ(;´д`)

 モミジジャングル 
170515 (6)
 ケンの犬舎の大事な日除けになっているモミジ。
下手に剪定しすぎて横枝がいっぱい出ちゃって、アフロだ(笑)

 ケヤキ
170515 (7)
 ケヤキ好きです。
第2ドッグランの外周にもグルリと植えてます。
写真のケヤキは元盆栽。ケヤキと言ったら「箒立ち」ですが、こいつは盆栽の
形のままデッカクなっちゃった(笑)でも大切な、カヨ犬舎の日よけです。

 カツラ
170515 (9)
 こちらもカヨ犬舎脇のカツラの木。何年か前にグリーンにやられて
幹の皮が食われてしまいました。今でも痛々しい傷が大きく残ってますが、
もうちょっとゆっくり伸びてくれ~と思うくらい育ってます。
この木もカヨの周りに日陰をもたらしてくれます。

 手術室へのアプローチ
170515 (10)
 ヤマボウシ、夏椿、シャクナゲ・・・
たまに枝が危ない位置にあるので、夜に猫連れてくる人は気をつけてね(;^ω^)
今日は新緑のシェルターをテーマにしてみました。

 21日の里親会は、お客さん大入りでありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ
次回28日はそこまで暑くない、いい日和になりそうです。皆様ご来場お待ちしております!!

 鼻水チェリー
170520 (8)
 美容室帰りでご満悦、レオ爺
170520 (5)
 シェルターの様子は、ノリにノってる「シェルターブログ」をどうぞ(´∀`)
ここ本館のアップをサボリすぎで、完全に閲覧者数で食われてます(;^ω^)
でもそれでいいのですよ、嬉しい限りです。

 ご支援お願い!!

 猫ウェット、今日取り急ぎ買ってくる予定ですが、ほぼ底つき状況です。
ご支援頂けますと助かります、よろしくお願い致します。

改めて、シェルター1日のフード使用量(市販フードで全て賄った場合)。

 犬ドライ約1.5kg、ウェット1.2kg、歯磨きガム約20本。

 猫ドライ約4.5kg、ウェット約3.1kg。

 使用銘柄

ドライ-ピュリナワン・ロイカナ・サイエンスプロ他、ピュリナワン以上の品質が目安。   

犬ウェット-デビフ他国産。アニモンダ、アズミラ他   
猫ウェット-チャオ他国産なら何でも。アズミラ他


 今後共よろしくお願い致します。

 収支報告
もうすぐ4月分も上がると思います。
これからまた、夏の準備で設備費が掛かってきそうです、
引き続き、資金の方もよろしくお願い致します。

 

5月12日

 
第二猫舎(通称ノラねこ部屋)のゴハンタイム
DSC_0042nnb.jpg
 フライングがひとりいる。
この部屋だけは個別給餌ではなく、大皿で。
なぜなら慣れていない子が多いので、皆で食べられるようにして、人間がさっさと
部屋から出てってやらないと食べ始められない子が多いから。
こうやって、慣れてる子が先に食べちゃう(;^ω^)

 顎骨に腫瘍
DSC_0026mk_20170512155932b0c.jpg
 15年前に保護した「みーくん」ちゃん。ここ半年以上、下顎が硬く腫れ、穴があいて
抗生剤が切れると膿が止まらず、だましだましやってきましたが、落ち着く見込みがないため
N先生にお願いして麻酔下で見てもらうことに。
 すると下顎骨から出てきたのは、右の汚い金平糖のような骨腫瘍(だと思われる)。

 ついでに歯石のクリーニング。左のは奥歯から取れた大きな歯石(;´д`)

 左下顎に大穴が開いてしまいました。
DSC_0028mk.jpg
 とりあえず、本人としてはかなりスッキリしたようです。
ただ、物を舐める時に、ベロがこの穴に落ち込んでしまうようで、最初の数日かなり手こずってました。
これが続くようならヤバイな、と思いましたが、上手いことベロを右へずらす事を覚えたようです、
めでたしめでたし。
 あとは、この穴に食べたものが詰まってしまうことがないかどうか、様子見です。

 腫瘍と思われるもの、取り切れてはいないそうです。
完全に取ろうと思ったら、顎を大きくえぐらないとならないでしょうね。
もしかしたら、下顎を落とすようかも。
それでも猫なら何とか生きていけます。
でもみーくん、推定16歳ですからね、そこまではしません。

 今年の子猫たち
DSC_0050oy.jpg
 年間700匹手術しても、まだまだほんの一部。
今年も産まれてしまった相談が続々来ています。
こうやって母子全員保護できればいいですが、常にそうはいかないのが現実です。
こうして保護できても、子猫たち全員育つとは、これまた限りません。
そして出産の度に、メス猫は命を削っていきます。
DSC_0046oy.jpg
 せっかく生まれたんだから、しっかり育ってよ。
DSC_0048oy.jpg
 母子共々保護出来た場合で、このように母猫が落ち着いているときは
避妊手術を急ぐこともないので、子猫たちが離乳したら母猫手術の予定です。
その方が、子宮も細く戻っていて、切開も小さく済みますからね。


 先週の日曜日、代表とみた不在ですみませんでした。
定例の一斉手術でした→ みなしご庵へようこそ

 中谷さんが書いてますが、卵巣取り残す手術やっている獣医がいるらしく、
その獣医に手術された子達が皆発情が来る、ということで開けてみましたが
見事に残ってました。某ペットショップの管理獣医らしいですよ、生体売買に加担しておきながら
いくら愛護みたいなことやったって、プラマイゼロにはなりませんよ。

 ご支援のお願い

 犬ウェット、ストックゼロになってしまいました。
おからのネコ砂グリーン、あと1箱になってしまいました。

 ご支援頂けますと大変助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

 
DSC_0043y.jpg

4月29日

ご無沙汰、久しぶり、○日ぶり・・・使い尽くしたから、日付で投稿にしよう(笑)

最近の手術室

卵巣の腫瘍化
DSC_0021is.jpg
 「あと何匹か」が捕まらず、長いことかかってしまっている市内某宅ですが、
何日かに1匹ずつ捕獲できて、少しずつ進んでおります。「産んでしまった」子も既にいますが・・・

 「6歳になるけど、今まで1回も産んだことがない」という♀。
もちろん、それまで避妊をしてあげなかったことが一番の問題ですが、そこに目くじらを立てても
しょうがない。

 摘出してみると、子宮がやけにボコボコなのも気になりますが、卵巣は正常の2~3倍に
腫れていました。これでは正常な発情や妊娠は出来ないでしょう。子供ができなかったことは
幸いではありますが、ということは6年間ずっとこの異常をもったままだったということで、
餌やりさんには、「これだから、早くに避妊をしてあげることが大切なんですよ」と。
この子、6歳にして身体は生後4ヶ月くらいの大きさしかなく、ホルモンの異常や、もしかしたら
持続的な痛みも・・・相当なストレスがあったと思います。とにかく、生後5ヶ月までに避妊を!!

 昨日は、久しぶりにセンターとご相談(笑)
最近は、僕も熱くなる気力がなくなりました(笑)、でも、冷静に理論的に話し合いができる、
良い傾向です(;^ω^)。

 県内某所、次に一斉手術をしたいと考えている犬2~30頭の現場。
その規模になると、みなしごさんに協力してもらわないと、うちだけではどうにもなりませんけどね。

 センターに苦情も入っていて、それなら手術をして、環境を整えるところまで、行政に間に入って
もらって、協力して進めたいと僕は思うのですが、特定の団体を紹介することはできないの一点張りで、
平行線でしたが、少しずつでも良い方向へ進めばなぁと思います。
・・と、思うこと10年です(笑)

 獣医さんが10人もいるセンターですが、どうしても苦情処理の対症療法で終わっていて、
本当にもったいない。広島のように、職員さんが頑張っているのを聞くと、そこまでセンターを
持っていけない、栃木の民間団体の不甲斐なさをホントに感じます。


 新入り子犬たち
 DSC_0011koinu.jpg
 昨年11月にやった、60頭現場、その時小さすぎて手術できなかった子達、
この3頭で全員無事終わりました。18日に手術して、そのまま引き取ってシェルターで面倒見てます。
この子達は5月1日、あるところに移動になります。
楽しいことが始まりそうですヽ(*´∀`)ノ
まだ詳しいことは書けないのですけどね。
思わせぶりで、後日(笑)

 それでは、明日30日の里親会でお待ちしております!!

 ご支援のお願い

 ドライはご支援頂いた分と、購入した分でしばらく大丈夫そうです、
ありがとうございました。

 ウェットが残り厳しくなってきてしまいました。
とりあえずホムセンに行ってこようと思います。
ご支援も頂けましたら大変助かります、どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

トミーズハウス

Author:トミーズハウス

最新記事
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR